韓国の鬼才ヨン・サンホ監督が手掛ける 問題作が日本続々上陸!
『新感染 ファイナル・エクスプレス』× 『ソウル・ステーション/パンデミック』
× 『我は神なり』

人間の暗部や格差社会の問題を起点にした社会派アニメーターとして韓国を牽引し、ついに実写映画制作でも大成功を手にした鬼才ヨン・サンホ監督作3作品が、日本で連続公開を控え話題を呼んでいる。ハリウッドリメイクも決定している韓国産ゾンビアクション『新感染 ファイナル・エクスプレス』でその名前は飛躍的に知られることになったが、本作と対をなす前日譚『ソウル・ステーション/パンデミック』、そしてこの度公開される3作品の中では最も古く、長編アニメ2作目にして世界各国の映画祭で好評化を獲得した『我は神なり』もサンホ監督のルーツを紐解く上で見逃すことができない。
.
生か死かー時速300km超のノンストップ・サバイバル!
『新感染 ファイナル・エクスプレス』9/1(土)公開。

第69回カンヌ国際映画祭を筆頭に世界156ヶ国から買い付けオファーが殺到、各国で圧倒的な大ヒットを果たし、世界規模で話題を席巻した超ド級ノンストップ・サバイバル・スペクタクル・アクション。釜山へと向かう高速鉄道の車内で突如起こった謎のウィルスの感染拡大。主人公のソグ親子のほか、妊婦と夫、野球部の高校生たち、身勝手な中年サラリーマンなど、さまざまな乗客たちが、感染者に捕らわれれば死が待ち受けるという極限状態の中で、生き残りをかけて決死の戦いに挑み、それぞれの人間ドラマが描かれる。

.

驚愕のゾンビ・パニック、すべてはここから始まった―。
『ソウル・ステーション/パンデミック』9/30(土)公開。

『新感染ファイナル・エクスプレス』よりも先に企画され、あとに完成された本作は、『新感染~』の冒頭へと連なる前日譚となるアニメ作品。ホームレスの老人に端を発する感染は、人々の無関心や差別意識によって急速に広がっていく。その背景には、弱者がさらなる弱者を虐げる、歪んだ格差社会としての韓国の現実を浮かび上がらせる。正体不明のゾンビウィルスが拡散されたソウル駅周辺を、ただ生存のために逃げ惑う人々、武力で封鎖しようとする政府―パニックサスペンスと映画的要素を積み重ね、現代の病理を批評性をもって描き出す渾身の一作。

.

“信仰”というタブーに切り込む、衝撃の社会告発アニメ『我は神なり』
10/21(土)公開。

ダム建設に伴う立ち退き補償金に目をつけたインチキ教団、不安や弱みにつけ込まれて盲目的に信仰に身を委ねる村人たち、教団に単身立ち向かう荒くれ中年男の人間模様を通じて、“信仰”というデリケートなテーマを驚くべき視点で追及した社会告発アニメーション。“真実を語る悪人”中年男のミンチョルと、“偽りを言う善人”牧師のソンとの対決を軸に、“真実”の曖昧な本質を暴き、強烈な風刺精神によって観る者に究極の矛盾を突きつける。『あゝ、荒野』のヤン・イクチュンが主人公ミンチョルの声を担当。押井守、大友克洋作品を観てアニメーターを志し、自身の作品の絵柄や表現には漫画家の古谷実から大いに影響を受けたと語るサンホ監督。新進気鋭の若きクリエーターの快進撃に、今後も目が離せない!!
.
STORY ダムの建設によって水没することが運命づけられた片田舎の村に、粗暴なトラブルメーカーのミンチョルが久しぶりに帰ってくる。ところがミンチョルの妻子を含む村人たちは皆、彼の不在中に建てられた教会に通い、若きカリスマ牧師ソンを崇めていた。それがインチキ教団を率いる詐欺師ギョンソクの陰謀だと察知したミンチョルは、村人たちのなけなしの財産を狙うギョンソクの悪行を阻止しようと奮闘する。しかし村人も警察も札付きのワルであるミンチョルの言い分にまったく耳を傾けず、四面楚歌に陥った彼は“悪魔に憑かれた男”の烙印を押されてしまうのだった…。

監督・脚本:ヨン・サンホ
製作総指揮:キム・ウテク
声の出演:ヤン・イクチュン/オ・ジョンセ/クォン・ヘヒョ/パク・ヒボン
2013年/韓国/ドルビーデジタル5.1ch/原題:サイビ/英題:THE FAKE/101分
©2013 NEXT ENTERTAINMENT WORLD INC. & Studio DADASHOW All Rights Reserved.
配給:ブロードショウ
配給協力:コピアポア・フィルム  warekami-movie.com
.

10月21日(土)ユーロスペースほか全国順次公開!

.

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近の記事

  1. 韓国ロックバンド界の開拓者として、日本をはじめ世界各国に進出し道を切り開いてきたFTISLA…
  2. 去年11月から今月2月まで韓国で放送され、‘復讐劇’というテーマにもかかわらず激戦の週末ドラ…
  3. 日本デビューから3年! TOPアーティストへ登りつめた”BTOB ” 日本デビューから3年でT…
  4. 株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、自社テレビ局「D…
  5. 写真提供A・R・A デビューから20年近く、端正なマスクと鍛え上げられた肉体をトレードマークに幅広…
  6. © F.A.E.P. 昨年9月に日本デビューを果たしたnoovy。2枚目のシングル発売記念のリリー…
  7. © F.A.E.P. 昨年5月。まだメジャーデビューに向けて3000枚の売り上げを目指していたno…
  8. 超新星 ソンジェの2ndアルバム『ユメノカイカ~夢が夢で終わらないように~』に、収録された楽曲「きっ…
  9. 株式会社レコチョクが運営する共創・体験型プラットフォーム「WIZY(ウィジー)」では、201…
  10. 神がかりな歌唱力で「韓国の4大ボーカリストの1人」の異名をもち、韓国アーティスト達のレジェン…

韓国:安東(アンドン)から・・・

  1. 左から、ジャモン、ジェイル、ロウ、ボホ、エムゴン © F.A.E.P. 小雪の散らつく博多のコリア…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る