韓国の人気アイドルグループ“ZE:A”のHA MINWOO(ハ・ミヌ)、
日本公式サイトを開設!

MINWOOのオフショット写真や動画など限定配信のコンテンツをお楽しみいただける 月額制ファンクラブは、只今、新規会員登録受付中!

アーティスト・クリエイターのファンクラブ、ファンサイトの企画・制作・運営を行う、“FanTech”分野(※1)のパイオニア、株式会社SKIYAKI(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宮瀬卓也、以下「SKIYAKI」)は、2017年8月16日(水)に、韓国の9人組アイドルグループ「ZE:A(ゼア)」のメンバーでもある、HA MINWOO(ハ・ミヌ)のJAPAN OFFICIAL SITE「HA MINWOO Official HOME」(URL:https://HAMINWOO.JP)を公開しました。当サイトの月額会員「MINWOO’s JAPAN(ミヌジャパン)」にご登録いただくと、MINWOOのオフショット写真や動画をはじめとする魅力満載の特典をお楽しみいただけます。

韓国の9人組アイドルグループ「ZE:A(ゼア)」のメンバーでもある、HA MINWOO(ハ・ミヌ)。キレのあるダンスと甘い歌声、青年から大人へと変貌を遂げている今、ソロ活動にも力を入れており、日本でも注目を集めています。

MINWOOの所属するZE:Aは、2009年4月のMnetのリアリティー番組「帝国の子供達」に出演後、注目を浴び、デビュー前に1万人以上のファンを獲得するなど、韓国のアイドルグループとして異例の経歴を持っています。その人気は韓国を飛び出し2011年には、自身初のレギュラー番組として、BSジャパンの「MADE IN BS JAPAN」に出演。さらには、同年、日本や中国など各国を巡る初のアジアツアーを成功させました。

2012年には、MINWOOが参加した3人組日韓合同ユニット「3Peace☆Lovers(スリーピース ラバーズ)」のデビューシングル「Virtual Love(バーチャルラブ)」が、公開と同時にオリコンデイリーランキング第10位を記録する快挙も果たしました。

MINWOOは、2015年に兵役に入り、2017年6月に除隊した後、本格的にソロ活動を始動しました。今後の活動にますます注目が集まります。

今回オープンしたのは、HA MINWOOのJAPAN OFFICIAL SITEです。リリース情報やライブ・イベントスケジュール、さらに、限定公開のMINWOOのオフショット写真、動画など魅力満載でお届けいたします。当サイトの詳細については、下記よりご確認ください。

.

▼ HA MINWOO JAPAN OFFICIAL SITE「HA MINWOO Official HOME」
URL:https://HAMINWOO.JP

.

【HA MINWOO JAPAN OFFICIAL SITE 詳細】

■サイト名
HA MINWOO Official HOME(ハ・ミヌ オフィシャル ホーム)

■ファンクラブ名
MINWOO’s JAPAN(ミヌジャパン)

■URL
https://HAMINWOO.JP
※当サイトはオフィシャルサイトとファンクラブを兼ねて運営しています。

■会費
月額400円(税別)
※お支払いには、ドコモ ケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いとクレジットカード決済がご利用いただけます。

■会員限定WEBコンテンツ
※不定期更新のコンテンツもございます。
GALLERY:ライブ写真やオフショットなどの画像ギャラリー!!
MOVIE:当サイト限定のオリジナルムービーが閲覧可能!!
BLOG:当サイトのみ公開のBLOG記事を掲載!!
MAIL MAGAZINE:会員限定のメールマガジンを配信!!
BIRTHDAY MAIL:誕生日にHA MINWOOからバースデーメールが届きます!!

.

【会社概要】
社名:株式会社SKIYAKI
所在地:東京都渋谷区桜丘町15-14フジビル40 4F
代表者:宮瀬 卓也
資本金:200百万円
事業内容:プラットフォーム事業、映画・映像制作事業、イベント事業、旅行・ツアー事業

■Corporate:https://skiyaki.com/
■Facebook:https://www.facebook.com/SKIYAKIInc
■twitter:https://twitter.com/SKIYAKI_pr

当社は、クリエイティブクラスの代表であるアーティストやクリエイターの活動によって世の中がさらに豊かになると考え、その活動を支援するファンクラブ公式サイト制作、運営及び公式グッズECサイト、電子チケットサービスなどの開発を手がけております。当社がアーティストやクリエイター、企業、およびファンの皆様から必要とされる存在であるために、私たち自身もクリエイティブクラスでありたいという想いから、「創造革命で世界中の人々を幸せに」という企業理念のもと、全員が働きがいを感じ、成長し続けることができる環境づくりを推進しております。

(※1)“FanTech”とは、“Fan×Technology”を意味する造語。時代にあったテクノロジーを用い、ファンとアーティスト、クリエイター、企業など創造主との新しい関係を生み出し、これまでにない付加価値を生み出す動きのことを指します。

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

  1. 全アーティスト史上初の日産スタジアム“3DAYS”を開催し、再始動後わずか8ヵ月でツアー動員…
  2. 2017 年10 月に韓国デビューするや否や異例の早さで日本のユニバーサルミュージックと契約した…
  3. ©二ノ宮知子/講談社 ©2014 Group8 & SPO All Rights Reser…
  4. ©F.A.E.P. コリアプラザ特別講演 第4回 韓国旅行セミナー【私がおすすめする韓国】が、20…
  5. ©SMGPictures/Tencent 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営する「ホーム…
  6. 株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、 8月は夏を呼…
  7. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…
  8. 今年3月に「If ~また逢えたら~」で日本デビューを果たした、世界で話題沸騰中の5人組バンド…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る