韓国音楽史にその名を刻んだ音楽グループ ”SECHSKIES”、
初の日本ファンミーティングに来場のファン2,000人が熱狂!!
≪オフィシャルレポート≫

BIGBANG、PSY、iKON、WINNER、BLACKPINKなど、全世界をまたにかけ活躍する実力派アーティストが多数所属する韓国のプロダクションであるYG ENTERTAINMENTの男性グループ、SECHSKIES(読み:ジェクスキス)が7月23日(日)YOKOHAMA BAY HALLにて初の日本ファンミーティングを実施し、来場のファン2,000人を魅了した。

SECHSKIESは「6つの水晶」を意味する1997年デビューの男性グループ。現在はカン・ソンフン(メインボーカル)、チャン・スウォン(ボーカル)からなる「WHITE KIES」と、ウン・ジウォン(リーダー、ラップ、ボーカル)、イ・ジェジン(ダンス、ボーカル、ラップ)、キム・ジェドク(ダンス、ラップ、ボーカル)からなる「BLACK KIES」の5人で構成される。メンバー全員に共通する端正なビジュアルと良質な楽曲で、90年代後半の韓国音楽シーンをリードし一大ムーブメントを築き上げたが、人気絶頂の中、2000年に惜しまれつつ解散。

2016年には約16年という長い沈黙を経て再結成し、同年、韓国本国にて行われた復活コンサート「YELLOW NOTE」では2日間で2万人以上を動員。再結成後初のシングル「THREE WORDS」、アルバム「2016 Re-ALBUM」も大成功を納め、当時と変わらない人気を見せつける。そんな生ける伝説ともいえるグループが、7月19日に「THE 20TH ANNIVERSARY -Japan Edition- 」のリリースをもって、ついに日本デビューを果たし、初の日本ファンミーティングにはその姿を目に焼き付けようと大勢のファンたちが会場に駆けつけていた。

開演時間を迎えるとクールな衣装に包まれたメンバーたちが張り裂けんばかりの歓声に包まれながら登場した。
イベント前半のパートではまず、ミュージックビデオ撮影やプライベート来日時の写真を見ながらの近況エピソードトークが繰り広げられた。そして最近覚えた日本語についての話題では各々が様々な日本語の単語を発し、笑いと黄色い声が飛び交った。
続いて前述の楽曲”THREE WORDS”にちなみ、各メンバーが自分以外のメンバーを「3つの言葉」で紹介するというゲーム、「BLACK KIES VS WHITE KIES」と題し、2チームに分かれて、チームメンバーのパーソナルを当てるクイズ対抗戦など盛りだくさんに繰り広げられ、彼らがこれまで見せたことのない姿を見たオーディエンスからの歓声が鳴り止むことはなかった。

後半はライブパートに突入し、90年代活動時の名曲 ”COM’BACK” からスタート。続けざまにアップテンポな楽曲を次々にパフォーマンスすると会場は大きな盛り上がりを見せた。
「盛り上がってますか?今日来てくださった皆さんのためにスペシャルなステージを用意しました。最後まで盛り上がりましょう!!」というイ・ジェジンとウン・ジウォンの流暢な日本語でのMCの後、最新アルバムにも収録されている” BE WELL -Japanese Version- “や” SAD SONG -Japanese Version- “など、今なおスマッシュヒットを記録している楽曲の日本語バージョンを初歌唱し、観客もメンバーとともに大合唱。そしてライブ後半にさしかかり、彼らの代表曲である”COUPLE”をパフォーマンスした際にはオーディエンスのボルテージは最高潮に。SECHSKIESの日本活動がこれほどにも待望されていること一目でわかり、会場が一つになるのが見て取れた。
新旧様々な楽曲を織り交ぜた、彩り豊かなセットリストにオーディエンスは酔いしれ、本人たちが重ねてきたキャリアとは相反する、フレッシュでアグレッシヴなステージを見ている者の脳裏に焼き付けたSECHSKIESの初日本ファンミーティングは、終始大歓声と合唱が止まぬまま幕を閉じた。

SECHSKIESは9月3日(日)に大阪 なんばHatchでもファンミーティングを行う。
韓国音楽史にその名を刻んだ音楽グループがいよいよ日本国内でも本格始動する。
この日のMCでメンバーが「これからも日本のみなさんと楽しい時間を過ごしたいです。」(ウン・ジウォン)、「もっとかっこいい姿で皆さんの前に戻ってきます」(カン・ソンフン)と日本語で話したように、今後の日本での更なる積極的な活動も期待できそうだ。


【リリース情報】
2017年7月19日リリース
License Album「THE 20TH ANNIVERSARY -Japan Edition- 」

①CD+DVD : AVCY-58496/B  4,104円(税込)
[CD収録内容]
01. BE WELL -Japanese Version-
02. SAD SONG -Japanese Version-
03. THREE WORDS -Japanese Version-
04. HEARTBREAK
05. RECKLESS LOVE
06. SAY
07. FAREWELL
08 COME TO ME BABY
09. BAD GIRL
10. DEAR LOVE
11. TOGETHER FOREVER
[DVD収録内容]
・BE WELL -Japanese Version- Music Video
・SAD SONG -Japanese Version- Music Video
・THREE WORDS -Japanese Version- Music Video

②CD ONLY : AVCY-58497 3,024円(税込)
[CD収録内容]
01. BE WELL -Japanese Version-
02. SAD SONG -Japanese Version-
03. THREE WORDS -Japanese Version-
04. HEARTBREAK
05. RECKLESS LOVE
06. SAY
07. FAREWELL
08 COME TO ME BABY
09. BAD GIRL
10. DEAR LOVE
11. TOGETHER FOREVER

.

【ライブ情報】
《SECHSKIES JAPAN FANMEETING 2017》

●2017年7月23日(日) 神奈川県 YOKOHAMA BAY HALL
①OPEN/START:13:00/14:00 ②OPEN/START:17:00/18:00 ※2回公演
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888

●2017年9月3日(日) 大阪府 なんばHatch
①OPEN/START:13:00/14:00 ②OPEN/START:17:00/18:00 ※2回公演
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888

■チケット料金
スタンディング 6,800円(税込)
※整理番号順の入場となります

チケット詳細
http://ygex.jp/sechskies/live/tour.php?id=1001013

.

【WEB情報】
●SECHSKIES JAPAN OFFICIAL HP
http://ygex.jp/sechskies/

●YG ENTERTAINMENT OFFICIAL HP
http://www.ygfamily.com/

● SECHSKIES OFFICIAL FACEBOOK PAGE
https://www.facebook.com/OfficialSECHSKIES

● SECHSKIES OFFICIAL YouTube channel
https://www.youtube.com/c/officialsechskies

.

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

  1. 2016年末の「第58回 輝く!日本レコード大賞」にて最優秀新人賞を受賞した、BIGBANG…
  2. MINWOOのオフショット写真や動画など限定配信のコンテンツをお楽しみいただける 月額制ファンクラブ…
  3. 2017年1月より日本での活動を本格的にスタートさせ、自らの手で合計4,500枚のCDを約半年で売上…
  4. 株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、自社テレビ局「D…
  5. photo © HY Entertainment 現在、アジアツアー「THE B.I.GINNIN…
  6. 株式会社デジタルアドベンチャーは自社テレビ局「KNTV」において チ・チャンウク主演最新ラブコメデ…
  7. 女心をくすぐる魅惑の愛嬌、 更には見れば見るほど溺れてしまう4人のステージパフォーマンス 多…
  8. BIGBANG、PSY、iKONら多くの実力派アーティストが所属するYG ENTERTAINME…
  9. 2016年末の「第58回 輝く!日本レコード大賞」にて最優秀新人賞を受賞した、BIGBANG…
  10. 『好きな人がいること』『女子モドキ』など話題曲を発表し、関連動画再生回数が4000万回を超えるなど、…

◆九州まるまる情報

東日本大震災復興支援

Pray for JAPAN

ページ上部へ戻る