パク・ヒョンシクの日本ファンミーティング
チケット一般発売開始と同時に即完売!!

©FRAU INTERNATIONAL

俳優として人気急上昇中のパク・ヒョンシク。日本単独ファンミーティングのチケット一般発売が22日にスタートし、発売開始と同時に完売となり日本での人気を証明した。
「花郎(ファラン)」、「力の強い女ト・ボンスン」など話題のドラマに立て続けに出演し、韓国内外で大きな人気を集め俳優としての地位を高めてきたパク・ヒョンシク。日本でのファンミーティング開催が発表されるとファンからは熱い反応が寄せられ、チケットはプラチナチケットとなった。
7月2日に行われた韓国でのファンミーティングも大盛況のうちに終了。来月の日本公演では「夏の日、僕らの一歩」というタイトルにちなみ、ヒョンシクとファンが一歩ずつ近づいていけるような様々な企画を準備中。また当日には参加者全員とのハイタッチも行われるとあり、実際にヒョンシクと触れ合える機会に期待が高まっている。
なお現在KOARIではファンミーティングに関連したアンケートを実施中。イベント参加の可否に関わらず回答可能となっている。アンケート詳細はこちらから(http://www.koari.net/blog/detail.php?id=651
パク・ヒョンシクのファンミーティングは8月29日に東京なかのZERO大ホールにて開催される。

.

【公演概要】
「2017 PARK HYUNG SIK FANMEETING IN JAPAN 夏の日、僕らの一歩」
開催日時:2017年8月29日(火)開場17:30/開演18:30
会場:東京・なかのZERO 大ホール
料金:全席指定10,800円(税込)
主催:株式会社フラウ・インターナショナル
イベント詳細ページ:http://www.koari.net/products/detail.php?product_id=10466

.
【PROFILE】
パク・ヒョンシク(PARK HYUNG SIK/박형식)
生年月日:1991年11月16日
デビュー:2010年「Nativity」(ZE:A)
主なドラマ出演作:「相続者たち」(2013)、「家族なのにどうして」(2014)、「上流社会」(2015)、
「花郎(ファラン)」(2016)、「力の強い女ト・ボンスン」(2017)
受賞歴
2013年MBC放送芸能大賞バラエティ部門新人賞
2014年KBS演技大賞新人演技賞ベストカップル賞
2015年SBS演技大賞ニュースター賞ミニシリーズ部門優秀演技賞

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. Great Guys(グレイトガイズ)は平均身長185cmと高身長を誇る『長身ドル』『モデル…
  2. 2012年韓国アイドル5人組F.CUZ(フォーカズ)のメインボーカルとしてデビューし、近年では、20…
  3. 昨年8月に鮮烈日本デビューを飾り、 12月にリリースした2ndシングルでオリコンデイリーランキ…
  4. ネットマーブルは、人気K-POPグループ、BTS(防弾少年団)をベースにしたファン待望の新作モバイル…
  5. ©BLOSSOM ENTERTAINMENT©PONY CANYON INC. 韓国のみならず…
  6. 毎週末に日本動画プラットフォームFC LIVEを通じて開催される「2020 Daily Live i…
  7. ©SHINs WAVE ベートーベン、モーツァルト、サリエルを連想させる 天才3人の欲望がもたら…
  8. 中国で3歳から活躍する実力派俳優のチェン・シンシューと中国版「深夜食堂」や「蘭陵王」で活躍したウェイ…

F.A.E.P.動画

2020/8/7公開!クォン・サンウ主演映画『鬼手(キシュ)』キャラクター映像解禁


2020/6 台湾バンドnoovyよりメッセージが到着!

ほか F.A.E.P.動画チャンネルはコチラ

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2019-10-14

    宇宙人(Cosmos People) FOR THE NEXT TEN YEARS JAPAN TOUR 2019
    2019年8月25日(日) 福岡 DRUM SON F.A.E.P.レポート①

  2. 2020-3-12

    『Niiisan’s「夢遊」リリース記念ミニライブツアー』
    2020年2月16日(日)レソラNTT夢天神ホール ≪F.A.E.P.レポート≫ ①

  3. 2020-6-15

    【noovy】◆F.A.E.P. おうちインタビュー◆
    「ファンの皆さんはきっと不安だと…せめて配信で直接お話ができたら」

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る