イケメン台湾ボーイズバンド「noovy」が、台湾フェスに連日出演!
ホームシックに?!≪オフィシャルレポート≫

約1カ月で1000枚の限定シングルCDを完売、4月のワンマンライブも大成功だった台湾出身・平均年齢19歳のイケメン・ボーイズバンド「noovy(ヌーヴィー)」が、6月22日(木)から6月25日(日)まで上野公園で開催されていた「台湾フェスティバル TOKYO2017」に連日出演した。

甘いルックスとJ-popとC-popがmixされたサウンドが話題のnoovy。
台湾では2016年の9月にデビューし若い女性を中心に人気となっているが、ここ日本でもSNSを中心にその人気が急上昇している。

台湾アーティストとしては珍しく、日本のインディーバンド同様に日本各地のライブハウスを車・電車で回り、インディーズ盤CDを自分たちの手で売ってきた彼ら。
現在、自身初のミニアルバム『ONE』を3000枚売るというミッションを掲げて奮闘中である。
現時点で約2500枚達成のnoovyが、その知名度拡大のため、上野公園・恩賜公園で6月22日より開催されていた「台湾フェスティバル TOKYO2017」に連日出演した。

現在の「台湾ブーム」も手伝って、4日間で12万人以上の集客となった「台湾フェスティバル TOKYO2017」。
「日本と台湾の交流を深める」目的で開催されている本イベント主催者側から、まさに「日本と台湾をまたにかけて活動する」noovyに出演依頼があり、それを快諾した彼ら。
5000人以上の「台湾ファン」が見つめる中、自らのミニアルバムの宣伝も兼ねて30分のステージを連日行ってきたが、会場にはnoovyファンも大勢駆け付け、大いに盛り上がった。
ステージ終了後は、会場内の屋台で買った懐かしい母国の味を堪能し、メンバーは少しホームシックにもなっていたようだ。

Hank

Mark

JK

Shawn

7月には台湾新聞社・台日文化交流基金主催の「日本台湾祭り2017」と銘打たれた台湾フェスが同じ上野公園で開催される。
noovyは7月8日(土)、7月9日(日)と再びライブステージに出演することが決定しており、さながら台湾親善大使のような働きを見せている。

気軽に台湾の文化を楽しめることで人気の「台湾フェス」。
「台湾フェスティバル TOKYO2017」に行けなかった方も、イケメンバンドnoovyのライブも楽しめる「日本台湾祭り2017」をチェックしてみてはいかがだろうか。


■noovy オフィシャルHP http://www.noovy.jp/

■ライブ情報
2017.6.26(月) 東京・TSUTAYA O-CREST
2017.7.1(土) 東京・HMV & BOOKS TOKYO(無料)
2017.7.3(月) 東京・渋谷DUO
2017.7.4(火) 東京・HMVエソラ池袋(無料)
2017.7.7(金) 東京・アストロホール
2017.7.8(土) 東京・日本台湾祭り2017(無料)
2017.7.9(日) 東京・日本台湾祭り2017(無料)
and more…

■noovy スタッフTwitter
https://twitter.com/noovystaff

■日本台湾祭り2017 HP
https://tw-jp-fes.com/

■台湾フェスティバル TOKYO2017 HP
http://taiwanfes.org/

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 株式会社oricon ME(本社:東京都港区、代表取締役社長:小池恒)が運営する総合トレンドメディア…
  2. 国民的アイドルと呼ばれたg.o.dのメインボーカルのキム・テウが約2年ぶりに日本単独イベント…
  3. 韓国出身の4ピースロックバンド、CNBLUEのドラマー、カン・ミンヒョクが、6月16日に東京…
  4. 写真提供A・R・A 去年Mnet番組PRODUCE101シーズン2から誕生し韓国国内はもとよりアジ…
  5. 「がんばれ!クムスン」のカン・ジファンが、「モンスター」以来2年ぶりのドラマ出演で話題の最新作!…
  6. 7月26日までに本作を読んだ方対象にBIGBANGヴォーカリストV.Iのソロツアー『SEUNGRI …
  7. 株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、自社テレビ局KN…
  8. 楽天株式会社が運営する動画配信サービス「Rakuten TV」は、韓国映画『ミッドナイト・ランナー』…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る