SS501 パク・ジョンミン  復帰記念コンサート開催決定!!

韓国で絶大な人気を誇り2005年のデビュー以降、数々の音楽賞を受賞し、日本でも2008年第22回日本ゴールドディスク大賞ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー ザ・ベスト10 ニュー・アーティスト賞に輝いたグループSS501(現在活動休止中)。
そのSS501内で人気を博していたパク・ジョンミンが、2015年7月から2年間の兵役を終え、活動を再開します。
7月2日に開催するトークイベントに続いて、本格的なコンサートが決定しましたのでご案内申し上げます。
自身のパフォーマンスや楽曲制作をセルフプロデュースするジョンミンは、バラードからダンスナンバーまで多彩な楽曲を持ちます。
今回のコンサートでは、Show 1 / Show 2 / Show 3と3回のステージを企画し、それぞれに違ったパフォーマンスを披露します。
ジョンミンの日本でのパフォーマンスを支え続けてきた実力派ミュージシャン、ジョンミン命名によるところのOB(おやじバンド)がジョンミンの歌唱を支えます。

.
パク・ジョンミン 復帰記念コンサート

【日  時】
<Show 1> : 2017年7月22日(土)開場17:00/開演 17:30
<Show 2> : 2017年7月23日(日)開場13:30/開演 14:00
<Show 3> : 2017年7月23日(日)開場18:00/開演 18:30
【出  演】 パク・ジョンミン、 OB(おやじバンド)
【会  場】 原宿クエストホール
【価  格】 11,000円(税込)
※座席指定
※3歳以上チケット必要
【購入制限】 お一人様一公演につき最大4枚まで
【協  力】 タワーレコード渋谷店
【プレイガイド先行販売】
7月5日(水)10:00~7/9(日)23:59
【一般販売】
7月12日(水)10:00~
【パク・ジョンミン ジャパンオフィシャルファンクラブ】
http://www.parkjungmin.jp/
【問い合わせ】
キャピタルヴィレッジ 03-3478-9999

.
<OB(おやじバンド)>
音楽業界屈指の実力派ミュージシャンによるスペシャルバンド。
竹田元 (バンドマスター:キーボード)
本田清己 (ギター)
濱田尚哉 (ドラム)
池間史規 (ベース)

.

パク・ジョンミン 復帰記念トークイベント

【日  時】 2017年7月2日(日)開場16:30/開演 17:00
【出  演】 パク・ジョンミン  ゲスト:タナカノリユキ(ビジュアルクリエーター) MC:Yumi
【会  場】 TIAT SKY HALL
【価  格】 5,000円(税込)
【協  力】 タワーレコード渋谷店
【内  容】
トークを彩るゲストコメンテーターは、ROMEOのビジュアルプロデューサー、タナカノリユキ。
パーソナリティは、Yumi。
日本を代表するクリエーターが、兵役前から作りだめていた渾身のROMEO作品を紹介。
2年間の活動休止期間を経て満を持して活動再開するパク・ジョンミンが、今後のジョンミンやROMEOのアーティスト活動について熱く語ります。

.

パク・ジョンミン×TOWER RECORDS SHIBUYA 共同記者会見

【日  時】 2017年7月3日(月) 13時予定
【出  演】 パク・ジョンミン ゲスト:コモリタミノル MC:古家正亨
【会  場】 タワーレコード渋谷店B1F 「CUTUP STUDIO」
【内  容】
パク・ジョンミンとタワーレコードとのコラボレーションによる従来なかった新しい取り組みについて発表します。
また7月2日から活動を再開するパク・ジョンミンの新作アルバムを9月にリリース予定です。
このアルバムに収録される2曲の作曲・プロデュースを担当したコモリタミノルが記者会見に出席。
ジョンミンの楽曲の魅力を語ります。
.

【ゲストプロフィール】

■タナカノリユキ(ROMEOビジュアルプロデューサー)
クリエイティブディレクター/アートディレクター/映像ディレクター
/アーティスト
1985年、東京芸術大学院美術研究科修了。アートやデザインといった枠組みを越え、ビジュアルコミュニケーションデザインに関わる領域で幅広く活躍。自身のアートワークと共に、インタラクティブアートの開発、プロダクト、空間のデザイン、MUSIC VIDEO、CM の演出、広告、CI、ブランディングのクリエイティブディレクターとして国際的に活動している。1999年から2007年までユニクロのクリエイティブディレクターを歴任。時代を牽引したクリエイティブで、ブランドを確立させ、ユニクロの急成長やグローバル化、ブランドイメージの向上、発展に貢献。最近の仕事にXPERIA、資生堂グローバルなどのクリエイティブディレクションがある。また、ROMEOのビジュアルの全てを手がけている。アジアンパシフィック広告賞金賞、東京 ADC賞他、内外で受賞多数。主な著書に「タナカノリユキの 仕事と周辺」(六耀社)、「ggg Books」(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)、「100+1 ERIKAS」 (朝日出版社)、「サバイバル・マインド」(筑摩書房)など。

■コモリタミノル(パク・ジョンミン音楽プロデューサー)
コンポーザー/サウンドプロデューサー
母親の聴いていたジャズ、映画音楽、クラシックの影響を知らず知らずに受ける。中学生の頃、自転車を漕ぎながら頭の中で曲が出来ていた。大学時代、軽音楽部でボーカルをやったあたりからピアノの弾き語りで曲を作り始める。1982年第24回YAMAHAポプコンつま恋本選大会入賞。1983年3月九州大学大学院食糧科学工学科修士課程終了。1983年5月第25回同大会に小森田実&ALPHAとして出場。「フォリナー(作詞作曲歌:小森田実)」がグランプリ受賞。1983年7月小森田実&ALPHAとして「フォリナー」でデビュー。シングル2枚リリース。1989年「夏だけの女神」でソロデビュー。「小森田実」名義で、アルバム4枚、シングル6枚リリース。1996年11月SMAPに提供した曲「shake」を機に作家としての活動がメインに。2002年2001度JASRAC賞銅賞受賞SMAP「らいおんハート」。2006年自身初のベストアルバム ゴールデンベストを リリース。原宿Blue Jay Wayにてアルバムリリース記念ライブ。その後、幅広い音楽活動を経て今に至る。小森田実、コモリタミノル、Euro King、COMOREX 等のペンネームを持つ。

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. 2016年末の『第58回 輝く!日本レコード大賞』にて最優秀新人賞を受賞した、BIGBANG…
  2. 2016年末の『第58回 輝く!日本レコード大賞』にて最優秀新人賞を受賞した、BIGBANG…
  3. U-KISSの13枚目のシングル「PaNiC!」のMVで使用し話題となった次世代型バランスス…
  4. ©ヤマダマサヒロ 韓国デビュー10周年のアニバーサリーイヤーとなった2017年、日韓で精力的に活動…
  5. アジアで大人気のチ・チャンウク、待望の本格スクリーンデビュー! シム・ウンギョン、アン・ジェホン…
  6. ©MENTOR.Co.,Ltd 歌手、俳優として活躍し、アジアのファンを魅了するJohn-Hoon…
  7. アジアドラマを気軽に楽しんでいただくことをコンセプトにスタートしたエスピーオーのDVDシリーズ …
  8. 超新星ソンジェ 初主演映画『Guest House』の東京・大阪での公開を直前に控えまして、 1…
  9.  2017年9月にメジャーデビューを果たした話題の台湾ボーイズバンド‘noovy’が、新曲「…
  10. 写真:韓国「2017 SPECIAL PHOTO EDITION」より 2017年注⽬の⼤型新⼈ボ…

韓国:安東(アンドン)から・・・

  1. 仮面舞フェスタと同時開催で9月29日~10月8日まで開催される「安東民俗祝祭」。今年で46回と昨年で…

◆九州まるまる情報

東日本大震災復興支援

Pray for JAPAN

ページ上部へ戻る