九州初!某映画の魔法学校をイメージした民泊が 博多にオープン! 
エンターテイメント“宿泊+体験”施設
『EXPECTED INN(エクスペクテッドイン)』

株式会社リクリエ(本社:福岡県福岡市中央区、代表取締役:中西 孝行、以下 リクリエ)は、宿泊+体験をテーマにした九州初※のエンターテイメント宿泊施設『EXPECTED INN(エクスペクテッドイン)』を2017年5月17日(水)にオープンしました。
※2017年5月17日当社マーケティングチーム調べ


EXPECTED INN(エクスペクテッドイン)
『EXPECTED INN』: https://www.airbnb.jp/rooms/18478627

  

  

  

  

    

▲“「宿泊」+「体験」”提供背景
昨今、訪日外国人旅行者が急増しており、宿泊施設不足が問題となっています。
このような問題を解消すべく注目を集めているのが「民泊施設」の活用です。
空室が続き賃貸物件としては価値を有しない不動産に対し、旅館業の許可を取得することで宿泊施設として新たな価値が生まれます。

リクリエでは、民泊施設のコンサルティングを通じ「宿泊施設不足」と「不動産の空室」の2つの問題を解決します。また、単なる「宿泊」だけでなく「体験」を付加価値としたエンターテイメント性のある宿泊施設を展開していきます。

▲『EXPECTED INN』施設概要
「EXPECTED INN」は、某映画に登場する“魔法学校”をコンセプトにデザインいたしました。これまでの民泊施設にはないユニークな内装で、ただ泊まるだけの場所ではなく、エンターテイメント性溢れる宿泊施設です。レンガや大理石風の壁、シャンデリアや絵画、フクロウも見つめており、今にも魔法がかかりそうな非現実世界を演出しています。
8人部屋が2フロアー、それぞれにトイレ・洗面台・シャワーブースを完備、1LDKのキッチンフロアーは開放的な空間です。
また、「EXPECTED INN」はEXPECT(期待する)とINN(宿泊)を合わせたネーミングで「期待を裏切らない施設」という意味を持ちます。

名称  : EXPECTED INN(エクスペクテッドイン)
所在地 : 福岡県福岡市博多区博多駅前4-24-3
アクセス: JR「博多」駅徒歩10分
延床面積: 111.04m2
構造規模: 鉄筋コンクリート3階建
収容人数: 16名
築年  : 1979年3月(2017年5月リニューアル完工)
オープン: 2017年5月17日(水)
URL   : https://www.airbnb.jp/rooms/18478627

▲会社概要
会社名  :株式会社リクリエ (Reqrea, Inc.)
所在地  :〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神3-8-11 アスティオン天神ビル5F
設立   :2016年2月26日
代表   :代表取締役 中西 孝行
事業内容 :宿泊施設コンサルティング事業
運営サイト:[AirbAgent] https://airbagent.com/

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 若者を中心に話題沸騰、そしてテレビやSNSでも大注目のアジア発9人組ガールズグループ『TWI…
  2. 現在俳優として人気急上昇中のパク・ヒョンシク、 8月に日本で単独ファンミーティングを開催すること…
  3. 2017年、韓国バンド結成10周年イヤーとして駆け抜けるFTISLAND、その勢いを止める事…
  4. 韓国で絶大な人気を誇り2005年のデビュー以降、数々の音楽賞を受賞し、日本でも2008年第2…
  5. 先日ニュー・アルバム『MYNAME is』が7月19日(水)に発売されることが発表され、商品…
  6. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「M…
  7. 5月21日(土)から東京・名古屋・大阪で開催致しました「超新星ソンジェ映画初主演記念ファンミ…
  8. ミニストップ株式会社(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:藤本明裕、以下:ミニストップ)は、2017…
  9. 佐賀県の情報発信による地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の一環として、KEN THE 390・K…
  10. 益々パワーアップし3回目の北九州開催決定! 記者発表会には桐谷美玲が登場! ~2017年10月2…

◆九州まるまる情報

東日本大震災復興支援

Pray for JAPAN

ページ上部へ戻る