デジタルアドベンチャー、韓国大人気アーティスト 防弾少年団(BTS)と
日本マネジメント専属契約締結

株式会社デジタルアドベンチャー(以下DA、本社:東京都港区、代表取締役:李 命学)は、韓国大人気アーティスト防弾少年団(BTS)と日本マネジメントの専属契約を締結しました。
現在DAにはペ・ヨンジュン、チュ・ジフン、キム・ヒョンジュン、キム・スヒョン、イ・ヒョヌ、パク・ソジュン、ク・ハラなど多くの韓国アーティストが長年にわたり所属しており、これまでの活動支援において培われた多様なノウハウと経験、そして実績を持ち合わせています。
今回の専属契約は、DAのコンテンツ競争力の強化はもちろん、防弾少年団(BTS)がアーティストとして日本国内の様々な分野で活動する機会を幅広く準備し、さらなる活躍の場を提供していくとともに、防弾少年団(BTS)のその実力と素晴らしいパフォーマンスで日本のエンターテイメント業界に新たな風を吹き込んでいきます。

防弾少年団(BTS)

2013年6月シングル『ツークール フォースクール(2 COOL 4 SKOOL)』でデビュー。その後、作曲、作詞、プロデュースに積極的に参加し、防弾少年団(BTS)ならではの個性を盛り込んだ強烈なヒップホップ音楽とパフォーマンスで多くの人々から支持されている。
昨年9月に日本で発売したアルバム『YOUTH』が、海外ヒップホップアーティストとして初となるオリコン週間アルバムチャート1位を獲得。
昨年10月には、アルバム『ウイングス(WINGS)』が韓国歌手最高記録であるアメリカ「ビルボード200」で26位、韓国歌手初となる英国(UK)「オフィシャル アルバムチャート」へのランクイン(62位)など、全世界的に活躍している。
昨年末に開かれた「2016 MAMA」で“今年の歌手賞”、「2016メロン ミュージック アワード」で“今年のアルバム賞”など次々と大きな賞を獲得し、名実ともにトップアーティストの座に躍り出た。
最新作『ウイングス(WINGS)外伝:You Never Walk Alone』は、アメリカ「ビルボード200」で61位を記録し、韓国歌手初となる4連続ビルボードチャートランクインという大記録も打ち立て、さらに、アメリカ iTunesのメインチャートであるソングチャートでは、タイトル曲「春の日」の8位をはじめとして「Not Today」など新曲3曲もすべてトップ30に名を連ねる勢いを見せている。

 

株式会社デジタルアドベンチャーについて
株式会社デジタルアドベンチャー(DA)は、デジタルコンテンツの携帯電話への配信や韓流ドラマなどのコンテンツの権利を取得し、商品化・販売をメイン事業として行ってまいりました。2009年5月、ペ・ヨンジュンなど所属アーティストのマネジメントをはじめ、スター発掘・イベント企画など日本におけるアジアコンテンツの普及活動を行ってきたビーオーエフインターナショナル株式会社と合併し、両社がこれまで培ってきた実務経験とノウハウをもとに新生企業として新たな一歩を踏み出しました。
2009年10月にはアジアのプレミアムコンテンツを中心に放送する自社テレビ局DATVを開局、2016年5月には韓国主要放送局のコンテンツを中心に放送するテレビ局KNTVと合併し、アジアを舞台として文化交流をはじめ様々な分野で飛躍を遂げております。今後さらに総合エンターテインメント企業として社会に寄与してまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…
  2. 昨年末、活動休止前最後となった"海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアー"【BIGBANG JA…
  3. 数々のヒット曲を持つ韓国の実力派シンガーソングライター、ロイ・キムの初来日イベント「2018 R…
  4. BIGBANGの系譜を継ぐ7人組ボーイズグループiKON(アイコン)、 9/26(水)に2年半…
  5.  昨年末、活動休止前最後となった"海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアー"【BIGBANG J…
  6. 8月22日発売となるFTISLANDのシングル「Pretty Girl」は、ひと夏の恋の物語…
  7. ★次回は、【フィリピン特集】ほか第2弾ラインナップ発表をお届けします。 *最新情報は…
  8. 「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018」は、 皆さまからの多大なるご支援とご協力を賜り、今年で…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る