FC KINGチャリティフットサル&ファンミーティング≪オフィシャルレポート≫

 日韓をつなぐアーティストたちの挑戦の始まり
『FC KINGチャリティフットサル&ファンミーティングin静岡』 終了!

アーティスト/タレント、イ・テガンを中心に2012年に結成され、日本でも活動する韓国人アーティスト、タレントが数多く所属するフットサルチームFC KINGの第1回目のイベント『FC KINGチャリティフットサル&ファンミーティングin静岡』が2017年2月4日(土)~5日(日)にかけて行われた。

今回参加したのは、イ・テガン(FC KINGキャプテン/ Lay.go)、ソン・スンヒョク(Apeace)、ホン・ソンホ(Apeace)、オ・セヒョン(Apeace)、ファン・ドゥファン(Apeace)、チョン・ヨンウク(Apeace)、ヒョンムン(TRITOPS*)イルグン(TRITOPS*)、チャンジェ(MR.MR)、ドヨン(MR.MR)、テイ(MR.MR)、サンヒョン(MR.MR)、ジェミン(MR.MR)、ドンギョン(Lay.go)、ユンス(Lay.go)、トクサン(Lay.go) 、スンヨプ(A-JAX)、ジュンヒ(A-JAX) の18名のアーティストたち。

朝8時に都内に集合したFC KINGのメンバー。この日が初めましてのメンバーも多く、全員同じ大型バスに乗り込み出発した車内の中で自己紹介をする姿や、キャプテンのテガンからこの日に合わせて、オリジナル制作されたFC KINGのユニフォームを手渡されると、嬉しそうな顔を見せるメンバーたちの姿も見られた。

数時間の移動の後到着したのは、山梨県の富士吉田にある屋内フットサルコート。バスを降りると東京より冷たく澄んだ空気と、大きく美しい富士山にメンバーたちも気分がアップしている。午前11時。さきほど車内で手渡されたFC KINGオリジナルユニフォームに着替えたメンバーたちが、多くのファンが待つ会場に入場すると、今まで見たことのないユニフォーム姿のアーティストたちを見てファンからは早くも大歓声があがる。キャプテン、テガンの選手宣誓に続き、メンバーそれぞれがファンへ向けて一言ずつ挨拶。サッカーが得意でとても自信のある表情で楽しみだと語るメンバーがいる一方、少し苦手だと自信が無さそうに言うメンバーも見られたが、普段のライブやイベントとは異なりファンに見守られてのフットサルへ気合が入っている表情は同じようだ。

ファンの皆さんも一緒に行った円陣パス、シュート練習などのアップを終え、MCのAKIとキャプテンのテガンから発表された試合形式は、活動チーム対抗。Aチーム:Apeace、Bチーム:MR.MR、Cチーム:TRITOPS*、A-JAX にLay.goのメンバーがそれぞれ1人ずつ加わり3チーム総当たり戦が行われた。Aチーム、Bチームは普段から一緒に過ごしているメンバーとのチームだが、Cチームはこの日初めて会ったTRITOPS*とA-JAXの混合チーム。しかも年齢差もかなりあるということでゲーム開始当初は少し苦労していたようだが、後半になるとチームワークはバッチリ。やはりスポーツを通すと距離が近づきやすいのかもしれない。この1回戦では、元々FC KINGのメンバーとして練習も積極的に参加していたApeaceの強さが爆発。GKのドゥファン、エースストライカーのスンヒョクをはじめ、ポテンシャルの高さを見せつけた。

続いて行われた2回戦では、テガン、今回最年長のヒョンムン、Apeaceから代表としてソンホが各チームのキャプテンとなり、じゃんけんを行い好きなメンバーを順に指名していく方式でチームを決定。1回戦で同じチームになった人は極力取らないようにというルールのもと、指名する選手も指名される選手も一喜一憂しながらのチーム発表となった。2回戦で活躍を見せたのがTRITOPS*のイルグンと、MR.MRのサンヒョク。イルグンは万全の体調ではなかったそうだが、鮮やかなシュートを何本も決め大活躍。サンヒョンもサッカーが得意というだけあって、素晴らしいプレーを随所に見せてくれた。

最終戦となった3回戦はスポーツには運も必要!ということでくじ引きでチームを決定。ここまでの試合を通しFC KINGメンバーは、長い時間を一緒に過ごした友達たちのような良い雰囲気に。途中、負傷してしまったヨンウクとテイは病院へ向かったが、ファンからの大きな声援が選手を後押しし、2人の分までと選手が頑張り、試合は熱戦が続いた。

フットサル大会が終わり、会場を移動し行われたファンミーティングでは、フットサル大会での得点王として10点を挙げたスンヒョク、選手が選ぶMVPとしてドゥファンが選ばれたり、ファンからの質問やリクエストに全力で答えるFC KINGメンバーの姿に、ファンの皆さんは笑顔に。ファンミーティングの最後にはキャプテンのテガンから参加してくれたアーティスト、ファンのみなさんへの感謝とともに、今後も日韓の架け橋となるべくチャリティイベントを続け行きたいと熱い思いを語った。

ファンミーティングを終え、一足早くバスに乗り込んだFC KINGメンバーは、今日の感想を語り合い、大きな声で笑い話し続けながら東京へ。ファンの皆さんが楽しんでくださるのか、最初は不安だったけれど、大きな声援をくださって本当に嬉しかったし、何より自分たちがとにかく楽しかった!と声をそろえたFC KINGのメンバー。日韓をつなぎたいという彼らの思いを継続し形にできるように頑張ります!というテガンの力強い言葉で今回のイベントは締めくくられた。今後のFC KINGそして、今回参加してくれたアーティストの活動に引き続き注目してほしい。

なお、今回のイベントの収益の一部は、日本で厳しい環境にいる子供たちへの支援を行う団体への寄付をさせていただきます(寄付先などの詳細は後日FC KING公式SNSでご報告いたします)
また、本イベントの模様の一部はMUSIC ON! TV(エムオン!)でOA予定。(詳細は追って発表)

 

■『FC KINGチャリティフットサル&ファンミーティングin静岡』開催概要
開催日:2017年2月4日(土) ~2月5日(日)  1泊2日
FC KINGメンバー:
イ・テガン(FC KINGキャプテン/ Lay.go)、ソン・スンヒョク(Apeace)、ホン・ソンホ(Apeace)、オ・
セヒョン(Apeace)、ファン・ドゥファン(Apeace)、チョン・ヨンウク(Apeace)、ヒョンムン(TRITOPS*)
イルグン(TRITOPS*)、チャンジェ(MR.MR)、ドヨン(MR.MR)、テイ(MR.MR)、サンヒョン(MR.MR)、ジェミン(MR.MR)、ドンギョン(Lay.go)、ユンス(Lay.go)、トクサン(Lay.go) 、スンヨプ(A-JAX)、
ジュンヒ(A-JAX) ※順不同
主催:FC KINGイベント実行委員会
協力:株式会社エムオン・エンタテインメント、合同会社MIDUMU
協賛:有限会社gol.japan 、株式会社 VIVER
旅行企画・実施:近畿日本ツーリスト株式会社
公式ツイッター:@FCKING2016

◆FC KING参加アーティスト公式サイト/SNS
イ・テガンTwitter @tegangkun
Lay.goTwitter @Lay_Go05
Apeace http://apeace.jp/
TRITOPS* http://fan.pia.jp/tritops-evergreen/
MR.MR http://www.mrmrjapan.com/
A-JAX http://www.a-jax.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

  1. 韓流エンターテインメントショー『SGC SUPER LIVE IN JAPAN 2017』(通称:エ…
  2. 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営する「ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ」では…
  3. 記念すべき第1回は5/25(木)、 福岡県三井郡大刀洗町の「みいの寿」4代目が登場 株…
  4. 日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男)及びJPビルマネジメント株式会社(東京…
  5. BIGBANG・PSY・WINNER・iKON等全世界をまたにかけ絶大な人気を誇るアーティス…
  6. ついに台湾進出!!「一蘭 台湾台北本店」6月15日にオープン!!株式会社一蘭!2017年5月22日 …
  7. 『KCON 2017 JAPAN』で3日間 M COUNTDOWNをはじめ、コンベンションで…
  8. 韓国の6⼈組ボーイズグループ・BOYFRIENDが7⽉にNew Mini Album『Summe…
  9. 2016年末の「第58回 輝く!日本レコード大賞」にて最優秀新人賞を受賞した、BIGBANG…
  10. ©F.A.E.P. NASTY NAROのソロミニライブイベントに続き、5人体制となって間もないC…

◆九州まるまる情報

東日本大震災復興支援

Pray for JAPAN

ページ上部へ戻る