『CODE-V X’mas LIVE TOUR ~ミラクル あいら冬~♡もりあがるんば 2016~』
2016/12/11(日)福岡天神イムズホールライブレポート

code-v180©F.A.E.P.

2016年最後のCODE-Vライブツアー『CODE-V X’mas LIVE TOUR ~ミラクル あいら冬~♡もりあがるんば 2016~』の福岡公演が、12/11(日)に天神イムズホールにて開催。ステージには重厚な赤いカーテンが下がり、会場内にはクリスマスにちなんだ服装のMIRACLE(ミラクル:CODE-Vファンの総称)があちこちに。そして手に手に青く光るCODE-Vのペンライトを持ち、それがまるでイルミネーションのように輝いてクリスマスの雰囲気を一層かもし出していました。

ナロ:Welcom to “CODE-V WORLD”!みなさーん!メリークリスマス!福岡!いくぜー!

ナロの元気な掛け声でステージがスタート。クリスマスを彷彿させる赤とゴールドを基調とした華やかな衣装は、各自に似合う異なったデザインが施されており、まずは視覚から楽しませてくれます。

I believe〜Shooting Star(Xmas Mix)

c5-4code-v18

©F.A.E.P.

ファンにはお馴染みのナンバーを、鐘の音が響くXmas Mixで。ステージ前方にある3つのお立ち台に代わるがわる乗ってはMIRACLEをあおるメンバーに大興奮の会場。そしてその勢いのまま、11/23に発売されたばかりのラグジュアリーな新曲Loving you, Love meへと続きます。

「福岡の皆さん、今日は僕たちCODE-VのXmasライブ『~ミラクル あいら冬~♡もりあがるんば 2016~』に来ていただき、本当にありがとうございます!」とサンウより挨拶の後は、前日の夜に福岡に到着した際の食事や、前日の熊本イベントでのエピソードを。福岡への到着時間が遅すぎて店がどこも開いていなかったにも関わらず、福岡ならではのおいしい物を食べたとの報告に、「さすが水が美味しい福岡!なかでも吉野家の”牛すき”が美味しくて…。福岡に来たら皆さん是非!」と、悲しい中にも面白おかしいオチが付いた食事の話をテフンが告白。熊本イベントの話では「熊本でも奥地にあった会場なのに沢山のMIRACLEが盛り上げに来てくれたおかげで、CODE-Vの力を復興を目指す熊本の皆さんに少しでも届けることができました!」と、サンウより感謝の言葉が投げかけられました。そしてそれぞれの自己紹介後、「CODE-Vは、いつも皆のそばにいるよ…。」と、ナロの甘いささやきを受けて次の曲へ。

そばにいるよ
Life

code-v100

©F.A.E.P.

ひと呼吸ついた後は落ち着いたナンバーが続きます。オレンジのライトが黄昏の夕日のように照らし、感情の込められた5人の切ない歌声が更に私たちをその世界に引き込んでいきました。

何度サヨナラを繰り返したら僕らは強くなれるの?
14ヶ月

code-v101code-v114

サンウ

code-v118-1

ナロ

code-v140

ウシク

code-v142

ルイ

code-v103

テフンcode-v138

©F.A.E.P.

あまりにもシットリとなり過ぎてしまった会場に、「CODE-Vの曲は悲しすぎるんですよ!リーダー…。なんでいつもこういう曲を作るんですか?!」と涙声でサンウに訴えるウシク。その言葉に「…自分で作ってないよ。」と、冷やかに返すサンウの様子があまりにも可笑しく、会場からは大きな笑いが。「確かに!」とあっさり返事に納得するウシクに、今度は横から「社長に言え、社長に!」と男気満載の言葉を叫ぶナロ。
CODE-Vならではの、個性溢れる楽しくて和やかなヒトトキがありました。

Addiction ~君なしには、生きられない
世界中が敵になってもきっと君を守りぬくから
君がくれたもの

code-v158code-v188code-v70-1code-v152-2

©F.A.E.P.

シットリとした雰囲気の後のダンサブルな2曲そして静かに力強く気持ちを歌い上げる君がくれたもの』と、なかなか感情の起伏が激しい選曲に、「なんだか上げたり下げたりですけど……まあ、CODE-Vには色んな魅力がありますよね!」と、きれいな言葉で簡潔にごまかそうとするそんなウシクに、「そうですよね。でも魅力って…。その言い方、もうそろそろ面倒くさいんでしょ?!」とテフンが鋭く突っ込み、会場の笑いを誘いました。ウシク「それが…CODE-Vライブの”味”ですよね!味!!」、テフン「味(アジ)っていっても、(会場に)魚じゃないよ?!(笑)」と、更に追い打ちをかけるテフン。本当にいいコンビです。そんな息がピッタリ(?!)の二人のステージMY LOVEへ。

その後は上下白い衣装にチェンジしたサンウ、ナロ、ルイが登場し、兄達のステージ愛の唄か終わるまを披露。大人の雰囲気で歌い上げます。ウシク・テフンのMY LOVEと、サンウ・ナロ・ルイの愛の唄か終わるまは、どちらも11/23に発売されたLoving you, Love meのカップリング曲です

ナロ:若い二人の魅力も、30代の(自分たちの)魅力も、それぞれの愛の歌を歌うことができて楽しかったです。まあでも…『MY LOVE』よりかは、この『愛の唄か終わるまでは』の方がいいんじゃないかと(笑)。

「いやいや、それはないでしょ!」とここでウシクとテフンも白い衣装に着替えて登場。

テフン:何でウチらの愛の歌をディスってんだよ!

ナロ:何も言ってないよ?いや、カッコいいね、テフン!ほんとカッコいいよ!(わざとらしくごまかすナロ)

そんな二人の会話に嫉妬したウシク。「ぼくは?ぼくは??」と何回も迫るも、無感情な声で「カッコいいよ。カッコいいよ。」と言ってあげるナロ。仲の良さが想像できる微笑ましいやりとりです。

code-v206

©F.A.E.P.

ナロ:こうやって二人だったり三人だったり、全員じゃなくても僕らはたくさんのパフォーマンスをお見せできるグループっていうことは伝えられたんじゃないかな、と思います。(会場からは大きな歓声と拍手)

サンウ:今度はこの二人と三人じゃなくて混ぜてさ、例えば…ナロとルイと…とか。

初めの組み合わせと全く変わらない例をあげるのは、果たしてボケなのか天然なのかは謎ですが、すかさず「そのままじゃん!」「なんでそこでボケるの?」「リーダーちゃんとしてください!」と激しくツッコまれるサンウ。それでもうろたえることなく堂々としているところがリーダーの風格を感じます。とここで、ウシクよりのお知らせ。

ウシク:皆さん!僕たちの衣装を見てください!
この白い衣装は2016~あいら冬~の特別なSNOW衣装でございます!
そしてこの色もこの色も…。
(ナロの髪の毛やルイの色白な肌を触るウシク)

ルイ:この色は違います。違います!(笑いながら穏やかに否定をするルイ)

この流れで相反するテフンの地黒な肌への絡みもあり、会場もメンバーも終始笑いが絶えませんでした。
「せっかくのスペシャルな衣装に着替えたので、この雰囲気にピッタリな歌を…」ということで、5人のハーモニーが奏でる『WHITE CHRISTMAS』(カバー)を披露。

code-v212

©F.A.E.P.

サンウ:福岡にもクリスマスが来たみたいです。

ウシク:あの…僕はMIRACLEの皆さんがうらやましいかもしれないです。

突然違う話を始めたウシクに、ルイ「え?なんでなんで?」、テフン「話の切り替えが早すぎて着いて行けない!」、サンウ「メンバーも(ウシクに)集中しないと!」と大クレーム。それでも気にせず話を続けるウシクが言いたかったのは、「こんなイケメンサンタ5人から皆さんにプレゼントを。」という、次の曲へのフリなのでした。少々強引な切り替えが仲間達をも混乱させるウシク独自の要素ではありますが、見ているこちら側としてはとても面白い展開にワクワクしてしまいます。

クリスマスメドレー(Silent Night and more)

アカペラでのクリスマスメドレー。メンバー全員がメインボーカルとなる実力を持つCODE-Vならではの素晴らしい歌声が会場中に響き渡りました。

『LITTLE MAMA』、『DANCIN’ CIRCLE』、『One Way Love』と3曲の後、すぐに続けて『僕が僕らしくいられるように』、『Swing!Swing!Swing!』2曲を披露。タオルを回しながら歌い踊るメンバー&MIRACLEの盛り上がりも最高潮に。

c5-3code-v296code-v271

©F.A.E.P.

そしてここでもウシクの突然行動発動。話の途中でメンバー同士のジャンケンを強要し、テフンが負けると「大阪に来てくれた方にはテフンから素敵なレアな変顔写真を!」と思い付きのプレゼントを決定。「俺の変顔、ライブ中でもフツーに見れるし!」とツッコミつつ「皆さんごめんなさいね」とウシクの突然行動をMIRACLEに謝るテフン。

ナロ:マジで、たまに訳のわからない行動やめて!

テフン:俺も何かやらなきゃいけないのかな?って焦った。

と、ここでもやはりクレームを受けるも「これもCODE-Vの魅力です!」とすべて魅力の一言で片づけてしまうウシクの強引さ&面白さ。このように突然の行動、ボケ、ツッコミにも面白可笑しく器用に対応できてしまうのも、まさにCODE-Vの魅力です。

code-v314

©F.A.E.P.

♪Moonlight

レトロポップなメロディとコミカルなダンスはまさにショータイム。

ナロ「来年もよろしくね!以上、CODE-Vでした!!」と挨拶をし、ステージを降りるメンバー。すぐにアンコールがかかりCODE-VのTシャツに着替えた5人が登場。

code-v355code-v348code-v359

『GO!』で盛り上がった後は、今後のライブ告知やオーラスのクルーズイベントなどについて案内をするも、やはりボケやツッコミの連続でついつい話が長くなる所は、いつも通りの裏切らない面白さです。そして最後の挨拶へ。

テフン:19歳のテフンです。今年最後のライブツアーなんですけど、本当に今まで2人、3人、4人、5人と色んなことがあって、もうすぐソル先輩も戻ってきて完全な形になります。皆さんがいなかったら本当にここまで来れなかったと思います。いつも感謝しているし、これからも頑張っていきたいと思っていますので、よろしくお願いします!

サンウ:皆さん、今日は改めて来てくださって、どうもありがとうございました。テフンが言ったように、完全なCODE-Vで福岡に戻ってこれるように、活動を頑張っていきますので、皆さん、引き続き応援をよろしくお願いいたします。どうもありがとうございました!

ルイ:福岡の今日のライブ、すごく楽しかったです。日本に来て何年も皆さんの前で歌っていますけど、本当に歌うことは幸せだと思って、頑張って歌っています。来年は、ソルが帰ってきたらCODE-Vの6人で、皆さんの胸に刻む素敵な歌をずっと歌い続けていけたらと思っています。今日は本当にありがとうございました!

ウシク:今日も明るく楽しく僕ウシク、です。昨日ちょうど僕達は熊本のライブに行ってきたんですけれど、本当に天気が寒くて場所が行きづらい所だったんですが、本当にどこに行っても皆さんが来てくれて僕たちのことを応援してくれて、改めて皆さんという存在に感謝しています。ソル先輩が戻ったら必ずステージで皆さんに見せたいので、これからもずっとCODE-Vのそばで、ずっと応援よろしくお願いします!頑張ります!!

ナロ:福岡の皆さん、今日はありがとうございました。僕はデビューしてから来年で10年を迎えますけれど、「Bless(ブレス)」というグループから始まり、そしてまだCODE-Vというグループが無くなっていないということは、皆さんが僕らの事をいつも信じてくれたからです。これからも変わらないメンバーと、皆さんの心に響く歌をいつも届けていきたいと思っています。来年は、その第一段階の6人体制のCODE-Vになります。来年も本気で心を込めて一生懸命に歌っていきますので、皆さん、僕らがめちゃくちゃビックになるまでそばにいてください!ありがとうございます!

思い思いの気持ちを込めて最後の曲へ。とその前に、このまま終わるのは寂しいということで、メンバーの変身タイム。サンタの帽子をかぶって再度登場するも、なぜかサンウのみCODE-Vのパーカーとニット帽姿で登場。一通りグッズの紹介をし終わるとサンウのみ再びステージそでへ行き、今度はトナカイの帽子で現れたサンウ。最初は嫌だったトナカイ帽子も今はお気に入りということで、楽しそうな笑顔からもそれが伝わります。

c5-2code-v395

©F.A.E.P.

ナロ:福岡の皆さん、来年もたくさん会おうね!たくさん会いに来てね!また会いに来るから…。
ありがとうございました!

ナロの力強いメッセージと共に本当に最後の曲たからもので、2016年最後のCODE-V福岡ライブが終了しました。1月には6人体制の完全体になるCODE-V。再び合流するソルの存在が一体どのような化学変化を起こすのか、
そう考えると早くまた福岡で彼らに会える日を願わずにはいられません。

(文:溝田 則子/写真:波多江 純一)

 

★OFFICIAL SITE:  http://code-v.asia/
★twitter:  https://twitter.com/codev_official
★Blog:  http://ameblo.jp/codev-official/
★facebook:  https://www.facebook.com/codev.official


★プレゼントのお知らせ

CODE-Vのサイン入りチェキを、抽選で5名様にプレゼントいたします。
希望メンバーの名前も忘れずに!

<応募方法>メルマガまたはTwitterよりご応募ください
code1211-1◆すでにメルマガ会員の方
メルマガにて応募方法をお知らせします。
ご希望の方は追って必要事情をお書きの上ご応募ください。

◆すでにTwitterフォロワーの方
指定のツィートをリツィートしてください。

◆まだメルマガ会員でない方
こちらから会員登録(無料)をお願いいたします。追って「登録完了メール」にて応募方法をお知らせいたします。

◆まだTwitterフォロワーでない方
F.A.E.P.のTwitterアカウントをフォローし、指定のツイートをリツイートしてください。

【しめきり】2017年1月28日(土)24時まで。
◆両方からの応募も可能です
◆抽選結果は、
○メルマガ会員様はご登録メールアドレスへのメール送信
○Twitterからフォロー&リツィートしてくださった方は、Twitterアカウントへのメッセージの送信
◆ご応募でお知らせいただきました個人情報は、本人の同意を得ずに第三者に開示することはありません。


◆LIVE、イベント情報

2017年1月ソル除隊。
3年の時を経て、ついにフルメンバー6人の完全体へ!!
6名での初のワンマンライブ開催決定!!
<大阪>
日時:2017年3月18日(土) 会場:森ノ宮ピロティホール
<東京>
日時:2017年3月20日(月・祝)会場:豊洲PIT

2017年1月11日(水)15:00よりオフィシャルファンクラブ「MIRACLE」チケット先行受付(抽選)スタート!


フルメンバー6人の声で歌い直したCODE-V初のベストアルバム
2017年3月22日(水)RELEASE決定!!

「リリース記念ミニライブイベント2017 SPRING」開催!!
<宮城>
■日時:2月12日(日)16:30開演 会場:若林区文化センターホール
<北海道>
■日時:2月19日(日)17:30開演 会場:新札幌サンピアザ劇場
<愛知>
■日時:3月3日(金)12:00/16:00開演 会場:南文化小劇場
<東京>
■日時:3月4日(土)12:00/16:30開演 会場:東京芸術センター 天空劇場
<大阪>
■日時:3月5日(日)12:00/17:00開演  会場:テクスピア大阪ホール
<福岡>
■日時:3月12日(日)12:00/16:00開演  会場:スカラエスパシオ

他、詳細は近日発表!!

12/28(水)「きみだけLIVE presents BURN-UP」出演決定!
「きみだけLIVE presents BURN-UP」

日程:2016年12月28日(水)
会場:豊洲PIT
時間:開場15:30 / 開演17:30
出演者:CODE-V / Apeace …and more (順不同・敬称略)
※第2弾発表は2016年11月8日予定

【チケット料金(税込)】
・Sプレミアムシート(最前方エリア指定席 / 着席 / 特典付)
前売12,000円 / 当日13,000円

・プレミアムシート(指定席 / 着席 / 特典付)
前売7,000円 / 当日8,000円

・エキサイティングシート(指定エリア / スタンディング)
前売4,500円 / 当日5,000円

Official HP: http://burn-up.jp/
Twitter: https://twitter.com/BURNUPofficial

■一般発売日
2016年11月26日(土)10:00~
・イープラス http://eplus.jp/
・ローチケHMV(ローソンチケット) http://l-tike.com/
・チケットぴあ http://t.pia.jp/

※6歳以上の方はチケットが必要です。また、6歳未満の方はご入場いただけません。
※出演者の変更およびキャンセルが発生する場合がございます。
その際、チケットの払い戻しは行いません。予めご了承の上、お申込みください。
※車椅子席をご希望の方は、burn-up@fantivision.comまでご連絡ください。

2016年ラスト ファンミーティング開催決定!
CODE-Vファンミーティング
実施日 2016年12月29日(木)
詳細はオフィシャルサイトへ
★CODE-V OFFICIAL SITE:  http://code-v.asia/

◆リリース情報

2016.11.23 Release 12th Single 「Loving you, Love me」
【初回生産限定盤】CD+DVD
codev-shokai
(MUCD-9109) ¥1,700(TAX IN)
〈CD〉
1. Loving you, Love me
2. 愛の唄が終わるまでは(サンウ・ナロ・ルイ歌唱曲)
3. MY LOVE (ウシク・テフン歌唱曲)
4. Loving you, Love me(Instrumental)
5. 愛の唄が終わるまでは(Instrumental)
6. MY LOVE(Instrumental)
〈DVD〉
1.「Loving you, Love me」Music Video
2. MVメイキング、オフショット

【通常盤】CD
codev-tsujo
(MUCD-5333) ¥1,080(TAX IN)
〈CD〉
1. Loving you, Love me
2. 愛の唄が終わるまでは(サンウ・ナロ・ルイ歌唱曲)
3. MY LOVE (ウシク・テフン歌唱曲)
4. Loving you, Love me(Instrumental)
5. 愛の唄が終わるまでは(Instrumental)
6. MY LOVE(Instrumental)

【CODE-V 11/23 (水・祝) 発売 12th 「Loving you, Love me」 Music Video】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

  1. 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)熊本支部(支部長 梅﨑 輝也)は5月20日(土)、熊本城(熊本…
  2. 鹿児島アークシティ株式会社(本社:鹿児島県鹿児島市、代表取締役:竹添 寛)は、本日2017年4月27…
  3. ©FRAU INTERNATIONAL 数多くのドラマや映画で活躍し、日本でも人気の実力派俳優キム…
  4. 視力を失い、夢を失い暗闇に閉ざされたドゥヨンに差し込んだ一筋の光。 それは、15年間音信不通だっ…
  5. 動画再生サイトにて関連動画も含め3,000万回以上の再生を誇るなど、デビュー1年にして多くの…
  6. 6月7日に、ワーナーミュージックジャパンより日本メジャーデビューを果たす韓国の9人組ダンスボ…
  7. 2017年1⽉に韓国でデビューを果たすや否や3⽉に2ndシングルをリリースし、⾼いダンスパフ…
  8. 4月20日から名古屋を皮切りにスタートした3ヶ所8公演のツアー「U-KISS PREMIUM LIV…
  9. © KEYEAST 株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:崔 官鎔)所属の…
  10. CJ E&M Japan 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:安 相萬 Ahn Sang…

◆九州まるまる情報

東日本大震災復興支援

Pray for JAPAN

ページ上部へ戻る