12th SINGLEリリース記念「CODE-Vミニライブイベント2016 WINTER」
2016/11/27(日)福岡 都久志会館イベントレポート

img_3410©F.A.E.P.

11月27日小雨が降る中、会場である都久志会館には多くのファンが開場を待ち望んで列を作っていました。
今回のCODE-Vのリリースイベントは前回に引き続きホールでのミニライブも兼ねたイベント形式。
通常のモールなどのイベントに比べると多くの曲を聴けるのが魅力的です。

♪『DANCIN’ CIRCLE』

img_3107img_3692

©F.A.E.P.

ブルーのジャケットに身を包んだメンバーが登場。ウシクとテフンの2人体制でリリースした激しいダンスナンバーでスタート。5人になりさらに迫力が増し、サビの部分の特徴的な振り付けを筆頭にメンバーの個々のダンスパフォーマンスが見どころです。

まだまだ歓声と興奮が鳴りやまない会場ですが、定番の自己紹介がスタート。
いつもの様に右端のナロから始まったのですが、2番目のウシクが「負けないぞ!」と言い出し、さらに大きな声でファンを煽ります。ルイも「ふくおかー、いこかー!」と盛り上げ、ウシクはポーズを決めてみせます。最後になったテフンはピースサインをしながらも「やっぱりねぇ、自己紹介は最初にやった方がいいと思う。プレッシャー半端ない。」とお兄さん達にクレームをつけていました。img_3226img_3238

©F.A.E.P.

ここでサンウがメンバーの中の雨男は誰?という話を始めます。客席のファンから「ソル?」と声があがると
サンウ:「ってことは・・・・ソルが!いま!」と話し始めたので、ファンはもしかすると現在兵役中のソルが、ここ福岡が韓国と近い事や、除隊が近い事もあり、来てくれているのでは?と大騒ぎ。しかしそれ以上に大慌てしていたのがステージの上のメンバーです。

ナロ:「本当にわかんないこと言わないでよぉー。」
テフン:「俺、若干、期待したぞ。」
ルイ:「僕がびっくりしたよ。」
ナロ:「わかんないよ。マジでー。」
ウシク:「サンウ先輩が言いたかったのは、もうすぐソル先輩が帰ってくるって事ですよね?」
ナロ:「いや、そこまで考えてないと思うよ。」
サンウ:「うん、僕は単純だからそこまで考えてないよ。」

どうやらサンウの天然の所が出てしまった様子で、慌てて訂正するメンバーの姿にファンも大爆笑です。
ここで雰囲気を変えてナロから「僕達の大事な曲です。」と次の曲紹介。

♪『何度サヨナラを繰り返したら僕らは強くなれるの?』
♪『14ヶ月』

img_3518img_3983img_3289

©F.A.E.P.

バラードを続けて2曲披露してくれました。1曲目のダンスナンバーはもちろんですが、CODE-Vのこのハーモニーは何度聞いても本当に聴き惚れてしまいます。

ナロが「今日は発売記念イベントで福岡に来れて嬉しい日なんですよ。最近は地方に来る事も少なくなってしまって寂しかったので。福岡はこんなに美人さんがたくさんいらっしゃって、そんな福岡に来れてうれしいです。」と嬉しい言葉をかけてくれたのですが、その後にルイが「福岡の皆さん」を言い間違ってしまったのか『福岡さん』と言ってしまい、またメンバーから「福岡さんって誰ですか?」「福岡さん、どこ?」「福岡さんこんにちは!来てくれてありがとう!」「福岡さん大好きだよ!」と、いじられる標的に。それでもくじけないルイは「では、福岡さん聞いてください。」とメンバー全員でアカペラを披露。

♪『I’m yours』アカペラ

「こんなに福岡さんが喜んでくれると思わなかったね~。」と喜んだメンバー。もう1曲披露してくれる事に。
ファンからリクエストを募ると、なんとピコ太郎のリクエストが!もちろん福岡さんの為に披露してくれました。

♪『PPAP』アカペラ

今、話題のピコ太郎さんのカバー。彼らのオリジナルでアレンジした曲をYouTubeで公開されているのですが、なんと再生回数がすでに3万回を超えています。生で聞く事ができたファンも大喜びです。
「CODE-Vの曲より反応いいんじゃない?」「今日本当に反応いいですねぇ!!」とメンバーもノリノリに。そしてさらにもう1曲披露してくれる事になりました!予定では2曲だったとの事で本当のサプライズプレゼントです。

♪『It’s So Hard To Say Goodbye To Yesterday』アカペラ

5人が揃えば例え楽器がなくても、彼らの歌声だけで彼らの世界を作り上げてしまう事ができるのは改めてすごいなと思いました。

♪『Addiction~君なしには、生きられない』

img_4075img_3449img_3648

©F.A.E.P.

ファンのコールにウシクとテフンの名前が入っているバージョンもすっかり馴染んできたようです。テフンのソロラップでセンターに来る時にニヤリと笑う顔がとても印象的で、テフンらしさを感じます。

♪『イントロ』

タオルをぐるぐると振り回しながら、ステージの最前列ぎりぎりまで出てきて歌っていたのですが、もう我慢できないとばかりにメンバーが客席に飛び出して行きました。
「ルイが調子乗ってるの見て、つい僕も出ちゃった。」とナロが言うと、サンウは「僕はなんか楽しすぎて、わけわかんない振付が出てきちゃった!」とメンバーも力いっぱい楽しんだ様子です。

img_3386img_4095img_3560

©F.A.E.P.

しかしここで残念ながら最後の曲です。
ソルが戻ってくる前の最後の5人体制での曲で、CODE-Vとしては12枚目のシングルです。

♪『Loving you, Love me』

11月23日に発売され、すでにPVは公開されていますが、生で見るのは初めてというファンも多かったようです。PVのラグジュアリーな世界感がそのままステージ上に広がります。曲のテンポが変わるラップの部分やジャケットを使った振付の部分では特にファンの歓声が大きくなりました。

「皆さん楽しかったですか?僕達もすごく楽しかったです。福岡の皆さん、これからもたくさん会えるように僕達CODE-V本当に頑張って活動して行きますので、距離的には離れているかもしれませんけどSNSとかブログとかでコミュニケーションとりながら、すぐそばにいる感じです。ソル先輩が離れているのと同じように、すぐ近くにいる感じです。引き続き僕達を応援を耳元でささやく感じでお願いします!」とウシクが代表して挨拶。ルイがふざけてウシクの耳元で「応援します。応援します。」と何度も囁いていました。

 

この日、夜公演では始まってすぐサンウが「最後の曲からめちゃくちゃ盛り上がって・・・。」と、「最初」を「最後」と間違ってしまい、テフンから「リーダー壊れたぁ。」と言われてしまいました。

自己紹介は昼の部のウシクのクレームに対処したのか、なんと左側からのテフンからスタート。テフンはナロの「僕は太陽より?(熱い男!)」を真似し、少しセクシーに挨拶。そうなると2番目のサンウはいつものウシクのフレーズを真似するしかなくなってしまいました。「僕は明るく楽しく・・・あのーサンウです。」とちょっと恥ずかしそうにしていました。真ん中のルイはそのままいつも通りの挨拶。「真ん中は楽チンです。」と王子様スマイル。ウシクは「こんにちわんわん!」とソルの真似で挨拶。ナロは「笑わないのー。笑わないのー。」とテフンのモノマネを披露。テフンが「俺いつも、あんななの?なんか、みんないつもごめんねー。」とファンに謝っていました。

またアカペラのコーナーでは、夜の部でも3曲披露してくれました。

♪『Open Arms』
♪『夜空のムコウ』
♪『Thank you』

img_3270img_3352img_3331img_3667img_3264

©F.A.E.P.

『Open Arms』ではサンウが歌詞を間違ってしまうという珍しい場面もありました。『Thank you』ではナロが打ち合わせしなくてもすぐに歌えると言い出し、打ち合わせ無しでナロが歌い出しそれにメンバーが一瞬にして合わせるというテクニックを見せてくれました。
また現在英語を勉強中というウシクがMCで少し英語を披露してくれる場面もありました。ファンの為に昼の部とは違う演出やトークをしようとしてくれているのがとても伝わり、ファンへの愛情を感じる2回の公演となりました。

この後の握手会、写真撮影会でも相変わらず気さくな笑顔でファン1人1人としっかり言葉を交わしたり、来場していた小さなファンを抱き上げたものの泣かれてしまい、それを見たファンが大笑いしたり、最後まで楽しい時間を共有していました。

faep-%e8%ad%96%ef%bd%b8%e7%b8%ba%e6%a6%8a%e3%83%bb%e7%b8%ba%e3%83%bb%e8%ac%a0%ef%bd%a1%e8%ac%87%e5%80%b6%ef%bd%bc%e3%83%bbimg_4204code-sh3faep-%e8%ad%96%ef%bd%b8%e7%b8%ba%e6%a6%8a%e3%83%bb%e7%b8%ba%e3%83%bb%e8%ac%a0%ef%bd%a1%e8%ac%87%e5%80%b6%ef%bd%bc%e3%83%bbimg_4200©F.A.E.P.

今回の新曲はナロいわく「今までやってきたCODE-Vの感覚ではなく、これから新しい道を探していこうと。CODE-Vなら冬はバラードや落ち着いたナンバーを発売すると思ったでしょ?良い意味で皆を裏切ったシングルなので、もっともっと色んな魅力を伝えていこうと作った曲。」との事。確かに以前の5人、4人、3人、そして2人体制の時にもなかった新しい魅力を感じさせる1曲になっています。

今年はまだCODE-Vとしては冬のクリスマスツアーと今年最後のファンミーティング、それもクルージングでのファンミーティングという大きなイベントが待っています。CODE-Vのメンバーはもちろんですが、まだまだミラクル(CODE-Vファン)は12月も大忙しのようです。

code-sh2faep-%e8%ad%96%ef%bd%b8%e7%b8%ba%e6%a6%8a%e3%83%bb%e7%b8%ba%e3%83%bb%e8%ac%a0%ef%bd%a1%e8%ac%87%e5%80%b6%ef%bd%bc%e3%83%bbimg_4212_1©F.A.E.P.

(文:森下 恵美子/写真:かわどう)

◆12th SINGLEリリース記念「CODE-Vミニライブイベント2016 WINTER」
<F.A.E.P.単独インタビュー>2016/11/27(日)

★OFFICIAL SITE:  http://code-v.asia/
★twitter:  https://twitter.com/codev_official
★Blog:  http://ameblo.jp/codev-official/
★facebook:  https://www.facebook.com/codev.official


◆LIVE、イベント情報

「CODE-V X’mas LIVE TOUR
~ミラクル あいら冬~(ハート)もりあがるんば 2016~」

<日時・会場>
■2016年12月7日(水)/open18:00 start18:30
札幌cube garden(北海道)
■2016年12月8日(木)/open18:00 start18:30
仙台CLUB JUNK BOX(宮城)
■2016年12月11日(日)/open16:00 start16:30
福岡イムズホール(福岡)
■2016年12月14日(水)/open18:00 start18:30
大阪BIG CAT(大阪)
■2016年12月23日(金・祝)/open16:00 start16:30
名古屋ボトムライン(愛知)
■2016年12月25日(日)/open17:00 start17:30
shibuya duo MUSIC EXCHANGE(東京)

<詳細>
■チケット料金:6,800円(税込)
※1ドリンク代別途 ※オールスタンディング ※整理番号順入場
※3歳以上有料/3歳未満入場不可
【熊本を音楽で元気に!CODE-Vが九州最大級音楽フェスに参加決定!!】
「熊本復興支援イベント クリスマスフェス2016」に参加することが決定致しました!

■日時:2016年12月9日(金)15時~21時、12月10日(土)18時~21時、12月11日(日)15時~21時
※CODE-Vは12月10日(土)に出演致します。
■会場:熊本県農業公園カントリーパーク(熊本県合志市栄3802-4)
■出演アーティスト:美川憲一、仮面女子、川越CLEAR’S、熊本CLEAR’S、CODE-V
※アーティストにより出演日は異なります。
■チケット料金:6,000円(チケット1枚に付き小学生以下1名無料)
■チケット販売URL
http://r.y-tickets.jp/kumamoto_fukkou2016

12/28(水)「きみだけLIVE presents BURN-UP」出演決定!
「きみだけLIVE presents BURN-UP」

日程:2016年12月28日(水)
会場:豊洲PIT
時間:開場15:30 / 開演17:30
出演者:CODE-V / Apeace …and more (順不同・敬称略)
※第2弾発表は2016年11月8日予定

【チケット料金(税込)】
・Sプレミアムシート(最前方エリア指定席 / 着席 / 特典付)
前売12,000円 / 当日13,000円

・プレミアムシート(指定席 / 着席 / 特典付)
前売7,000円 / 当日8,000円

・エキサイティングシート(指定エリア / スタンディング)
前売4,500円 / 当日5,000円

Official HP: http://burn-up.jp/
Twitter: https://twitter.com/BURNUPofficial

■一般発売日
2016年11月26日(土)10:00~
・イープラス http://eplus.jp/
・ローチケHMV(ローソンチケット) http://l-tike.com/
・チケットぴあ http://t.pia.jp/

※6歳以上の方はチケットが必要です。また、6歳未満の方はご入場いただけません。
※出演者の変更およびキャンセルが発生する場合がございます。
その際、チケットの払い戻しは行いません。予めご了承の上、お申込みください。
※車椅子席をご希望の方は、burn-up@fantivision.comまでご連絡ください。

2016年ラスト ファンミーティング開催決定!
CODE-Vファンミーティング
実施日 2016年12月29日(木)
詳細はオフィシャルサイトへ
★CODE-V OFFICIAL SITE:  http://code-v.asia/

◆リリース情報

2016.11.23 Release 12th Single 「Loving you, Love me」
【初回生産限定盤】CD+DVD
codev-shokai
(MUCD-9109) ¥1,700(TAX IN)
〈CD〉
1. Loving you, Love me
2. 愛の唄が終わるまでは(サンウ・ナロ・ルイ歌唱曲)
3. MY LOVE (ウシク・テフン歌唱曲)
4. Loving you, Love me(Instrumental)
5. 愛の唄が終わるまでは(Instrumental)
6. MY LOVE(Instrumental)
〈DVD〉
1.「Loving you, Love me」Music Video
2. MVメイキング、オフショット

【通常盤】CD
codev-tsujo
(MUCD-5333) ¥1,080(TAX IN)
〈CD〉
1. Loving you, Love me
2. 愛の唄が終わるまでは(サンウ・ナロ・ルイ歌唱曲)
3. MY LOVE (ウシク・テフン歌唱曲)
4. Loving you, Love me(Instrumental)
5. 愛の唄が終わるまでは(Instrumental)
6. MY LOVE(Instrumental)

【CODE-V 11/23 (水・祝) 発売 12th 「Loving you, Love me」 Music Video】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. 2016年末の『第58回 輝く!日本レコード大賞』にて最優秀新人賞を受賞した、BIGBANG…
  2. 2016年末の『第58回 輝く!日本レコード大賞』にて最優秀新人賞を受賞した、BIGBANG…
  3. U-KISSの13枚目のシングル「PaNiC!」のMVで使用し話題となった次世代型バランスス…
  4. ©ヤマダマサヒロ 韓国デビュー10周年のアニバーサリーイヤーとなった2017年、日韓で精力的に活動…
  5. アジアで大人気のチ・チャンウク、待望の本格スクリーンデビュー! シム・ウンギョン、アン・ジェホン…
  6. ©MENTOR.Co.,Ltd 歌手、俳優として活躍し、アジアのファンを魅了するJohn-Hoon…
  7. アジアドラマを気軽に楽しんでいただくことをコンセプトにスタートしたエスピーオーのDVDシリーズ …
  8. 超新星ソンジェ 初主演映画『Guest House』の東京・大阪での公開を直前に控えまして、 1…
  9.  2017年9月にメジャーデビューを果たした話題の台湾ボーイズバンド‘noovy’が、新曲「…
  10. 写真:韓国「2017 SPECIAL PHOTO EDITION」より 2017年注⽬の⼤型新⼈ボ…

韓国:安東(アンドン)から・・・

  1. 仮面舞フェスタと同時開催で9月29日~10月8日まで開催される「安東民俗祝祭」。今年で46回と昨年で…

◆九州まるまる情報

東日本大震災復興支援

Pray for JAPAN

ページ上部へ戻る