『iKON JAPAN TOUR 2016』10/10(月・祝)マリンメッセ福岡レポート

ikon1026_1(※写真はすべて10/26国立代々木競技場第一体育館公演のものです)

BIGBANGの系譜を継ぐ大型新人iKON(アイコン)。14万6,000人を動員したファーストアリーナツアー【iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN】からわずか6ヵ月後の9月10日(土)より、同年2度目となる全国6都市16公演、17万6,000人動員のアリーナツアーがスタート。そしてツアー中、初の日本シングル「DUMB & DUMBER」がビルボード・ジャパン・HOT100、オリコンウィークリーCDシングルランキング、ビルボード・ジャパン・トップ・シングル・セールス・チャートにてそれぞれ1位を獲得。日本での活動の確かな手ごたえと喜びを抱えつつ更なる躍進を続けるiKONの福岡公演が、10/10(月・祝)マリンメッセ福岡にて開催されました。

アリーナ席を十字に仕切り、周りを取り囲むようにして作られた花道が『客席のどこからでもiKONを近くに感じられる』という期待感をあおり、開演前のiKONIC達(iKONファンの総称)の気持ちをさらに一層かき立てました。
会場がライトダウンすると、大歓声が沸き起こり一瞬にして熱気が急上昇!

「盛り上がっていきましょうか?!Party People!!」

白のトップスに黒のパンツ、そしてそれぞれ赤のさし色が入ったシンプルなファッションに身を包んだiKONが♪『DUMB & DUMBER』でスタートから大激走。会場との掛け合いも息がピッタリで、続けて♪『SINOSIJAK REMIX』へ。
「福岡!Make Some Noise!1、2、3、4!!」の言葉を合図に、♪『WHAT’S WRONG?』が響きます。

ikon1026_4ikon1026_6

B.I:福岡お元気でしたか?!『iKON JAPAN TOUR 2016』にようこそ!iKONリーダー:B.Iです。
半年ぶりにまたコンサートをすることができて本当に光栄です。今日もよろしくお願いします!

ジュネ:ほんとにほんとに会いたかったです。皆、楽しんどっと?僕はiKONのセクシーなジュネです!
最後までテンション上げていきましょう!

ジナン:皆さん、こんにちは!長男のジナンです!皆さんに、めっちゃ、とっても、すごく、会いたかったよ!
今からもっと盛り上げていきたいと思います。皆さん楽しんでください。

ユニョン:福岡のファンの皆さん、お久しぶりです!熱い男、情熱マン:ユニョンです。
皆さんに本当に会いたくて…胸が…胸が…ハート!
(ドンヒョクとくっついて笑顔でハートを差し出す2人に、会場からは喜びの悲鳴と歓声が。)

チャヌ:皆さん、こんばんは!iKONの可愛い末っ子:チャヌです!よろしくお願いします!

ドンヒョク:久しぶり~!元気してた?皆さんの甘いキャンディ:ドンちゃんです!
今日は時間をかけて一人一人見るから、待っててね!

BOBBY:福岡!テンション上げていこうぜ!BOBBYです!皆さん準備はできましたか?

BOBBYのフリでB.Iの軽快なラップが響き♪『WELCOME BACK』へ。メンバー達は歌いながら大歓声の中花道を四方八方に広がり、途中ふざけて絡むジナンとジュネにはより大きな歓声が上がっていました。

♪『MY TYPE』では、「今から僕たちのタイプを探しに行こうか?!」とジナンの言葉で、メンバーが固まって花道の左、センター(正面スタンド寄り)、右の順番で歌を中断しながら大移動。ジナンから「B.Iさん、今日来てくれたカワイイiKONIC達にリーダーの魅力を!」と言われ、「ペンパイナッポーアッポーペン」を歌うB.I。ジュネやドンヒョクもソロの歌声を披露し、会場からは「カワイイ!」「カッコイイ!」の声が飛び交っていました。そして花道を回りに回った結果ジナンが福岡で見つけたタイプは「バビちゃーん!」と告白。「なんで?なんでだよ?!」とうろたえつつも、可愛く「私の名前はバビです。こんにチワワ!」と挨拶するBOBBY。次にBOBBYが今メンバーの中で一人選ぶとしたら?の問いに「金髪が好き」と言い、その条件に当てはまる少々困惑顔のドンヒョクも愛嬌ある仕草で頑張ります。最後はメンバー1女装に定評があるジナンが「ジニです!」と女の子のように可愛く締めました。

ここで雰囲気が一転、ラップラインのステージ。B.IとBOBBYそれぞれのソロステージの後、ゲスト:WINNERのMINOを割れんばかりの歓声が迎え、BOBBYとのユニット”MOBB”が会場を沸かせました。

♪『BE I』B.Iソロ
♪『HOLUP! -KR Ver.-』BOBBYソロ
♪『FULL HOUSE -KR Ver.-』MOBB<MINO(from WINNER)×BOBBY(from iKON)>
♪『HIT ME(FEAT. KUSH)-KR Ver.-』MOBB<MINO(from WINNER)×BOBBY(from iKON)>

「WINNERのパワーラッパー:MINOでーす!今回BOBBYさんと初めてコラボしたのですが、どうやった?」というMINOに「いいに決まってんじゃーん!」と騒ぐB0BBY。すかさずMINOは「なんしようと?!おまえ!なんしようと?」と博多弁で応戦。笑いを交えつつMOBBの紹介の後、12月28日に発売のMOBBのJapan Debut Mini Album『The MOBB』もしっかりと宣伝。MINO「MOBBというユニットでも頑張りますので、皆さん楽しみにしとってね!」と、地元ファン愛が満載の博多弁トークは、会場を釘付けに。そして方言を巧みに操るMINOを「福岡弁、かっこいいな・・・」とうらやましがるBOBBYの様子が笑いを誘っていました。続いてBOBBYの紹介でMINOソロ曲♪『BODY -KR Ver.-』へ。

次に衣装を黒の上下にチェンジしたiKONが再びステージに登場。モノクロの写真や景色を映したスクリーンをバックに、「♪ごめん ごめん キミを守れなくて…」と強く語り掛ける歌詞が印象的な♪『APOLOGY』、そして♪『I MISS YOU SO BAD』、元カレを忘れられない彼女が離れていく歌の♪『JUST GO』には、B.Iが日本のドラマを見て作ったというエピソードが。そして♪『AIRPLANE』と、ヴォーカルラインの歌声が響くスローナンバーが続きます。

ikon1026_2

「皆さん、楽しんどっと~?」
この言葉の言い方について、誰のバージョンが良いのか競い合う場面も。「僕のが」「いや僕が」「そうじゃないよ、こういう風に…」と、メンバーそれぞれの個性的な「皆さん、楽しんどっと~?」が楽しく展開。そのうちにジナンとジュネの「チャラかばーい!」の言い合いに。ジナン「チャラかばーい!は、ジュネさんばーい!」ジュネ「そーだね~」と、自ら認め言い合いも終了。メンバーからも会場からも終始笑いがこぼれていました。
その様子を少し離れたところで座り込んで見ていたBOBBYにドンヒョクが「BOBBYさん!ここはBOBBYさんの部屋じゃないですよ!」とツッコミつつ、「MOBBのアルバムリリースが決定しました!おめでとう!!」とお祝いの言葉を贈るドンヒョク。そして次々に「おめでとう!」の言葉が贈られましたが、MOBBの曲をふざけながら歌うメンバー達は、スイッチが入ったようにノリノリで大騒ぎに。
その流れでジュネは「iKONIC達はみんな美人だから」と、タイトル:『美人』という歌を即興で歌い、続いて「僕も準備しました!」とチャヌが手を上げると、これまでにない末っ子の思い切った光景にメンバーも会場も大歓声。「ユニョンさんと一緒に…」と聴かせてくれたのは『双子ソング』「♪チャヌとユニョンはタマゴじゃなくてフタゴ(双子)です~」と、兄弟ではないのにどこか似ている2人が、笑顔で可愛く絡みながら歌う光景にiKONIC達からは悲鳴にも似た歓声があがりました。その後再度ジナンとジュネの対決や、他メンバーの大騒ぎぶりにしびれを切らせたユニョンが「しぇからしか!(博多弁で「うるさい」)」と一喝。そうして空気が落ち通いた後、ジナンによってiKON初の日本シングル「DUMB & DUMBER」がビルボード・ジャパン・HOT100、オリコンウィークリーCDシングルランキング、ビルボード・ジャパン・トップ・シングル・セールス・チャートにてそれぞれ1位を獲得!のニュースが伝えられました。

次にバラの花を手にしたメンバーが「これから皆さんに会いに行きますよ!」と言いながら歌い始めたのは♪『#WYD』。花道の各所から客席に花が投げられました。そのまま花道を練り歩きつつ♪『TODAY』へ。途中ジナンを皆で羽交い絞めにする場面や、ジュネが客席に向けて手の銃でファンを撃ち抜きスマイルを贈るなど、各所でファンサービスも忘れません。

スクリーンでボーリングを楽しむメンバー達の様子が流れた後は、デニムやTシャツなどのカジュアルなファッションに衣装チェンジ。日本オリジナルのリズミカルなナンバー♪『LOVE ME』へ。続けてギターの音が響く♪『RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)』、そして♪『JUST ANOTHER BOY』では会場も一体になっての大合唱とジャンプの嵐。思い切り手を振るファンにジナンからは投げキッスも投げられ更に客席は大騒ぎ。花道を走りつつファン一人一人に向けて歌うメンバー達は本当に楽しそうでした。

ikon1026_7ikon1026_3ikon1026_8

ジュネ:『LOVE ME』はモテない男たちの気持ちを歌った歌ですが、まさに僕らの話ですよね?

ユニョン:そうですね、モテたいですよねー。
もっと色々な魅力を見せたかったのに、もう最後の時間がやってきました…。

チャヌ:ほんとに、ほんとに寂しいです。皆さん、また来てくれますよね?!
ほんとに!ありがとうございます!

ドンヒョク:僕たちが日本に来る理由は一つだけです。会いたかったから!
iKONIC JAPANに会いたくて、ただそれだけです。。。

ジナン:前回のツアーで僕が「すぐ戻ってきます!」と約束したこと、覚えてますか?
僕たちその約束を守りましたよ!(答えるように大歓声が)

皆さんも会いに来るという約束を守ってくれて、ありがとうございます!そしてこれからも一緒にいてくれると約束してください!今日は本当にありがとうございました。ばり好いとうよ!

ジュネ:僕は今日はめっちゃ楽しくて、ヤバかったばーい!その気持ちをそのままいい音楽に変えてお返しします!楽しみにしててくださいね!
(ここでメンバーから「ジュネさん、帰ったら本当に曲作りましょうね」「サボっちゃだめだよ!」とツッコミが。「もちろんだよ!」と返すジュネ。)

B.I:iKONはまだデビュー1年の新人ですが、今年はたくさんの愛をもらったと思います。感謝の気持ちと愛を込めて、良い音楽とパフォーマンスで戻ってきます。これからも応援よろしくお願いします!

BOBBY:僕たちの名前は?(会場:iKON!)世界一のグループは?(会場:iKON!)
世界一のファン達は?(メンバー揃って:iKONIC!)
来てくれてありがとう!もう終わる時間なんだけど、まだまだいけるでしょ?!
ばりありがとう!iKONIC JAPANもっと遊ぼうぜ!

B.I:皆さん、家に帰って後悔しないように、最後の最後まで楽しむ準備はできましたか?
僕たちのCLIMAXが永遠に続きますように…。

♪『CLIMAX』、♪『M.U.P』では別れを惜しむように思いを込めて2曲続けて歌い上げ、ステージは一旦終了。
アンコールではiKONグッズに身を包んだメンバー達が再び登場し、この日2度目の♪『SINOSIJAK REMIX』、♪『DUMB & DUMBER』ではタオルなどを投げるメンバーに、会場は大興奮の熱気が充満していました。「最後の曲は愛しているiKONICのために準備しました」という♪『WAIT FOR ME』。そしてこの曲まではコンサートで、もしも更にアンコールがあるとすれば、そこから先はパーティ!とあかし、その言葉通りに開かれたパーティタイムでは♪『RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)』を披露。「皆ともっともっと遊びたいから!」と投げかけてくれたメンバー達と思いを同じにするiKONIC達との一体感で、最後は一番の盛り上がりを見せました。
「僕たちのすべて、iKONIC JAPANありがとう!」そう言葉を残し、『iKON JAPAN TOUR 2016』マリンメッセ福岡公演は幕を閉じました。ikon1026_5
(文:溝田 則子)

◆iKON <F.A.E.P.単独インタビュー:前編>はコチラ
◆iKON <F.A.E.P.単独インタビュー:後編>はコチラ

■iKON OFFICIAL HOME PAGE http://ygex.jp/ikon/


★プレゼントのお知らせ
iKONのサイン入りチェキを、抽選で2名様にプレゼントいたします。

img_3122<応募方法>メルマガまたはTwitterよりご応募ください。
◆すでにメルマガ会員の方
メルマガにて応募方法をお知らせします。
ご希望の方は追って必要事情をお書きの上ご応募ください。

◆すでにTwitterフォロワーの方
指定のツィートをリツィートしてください。

◆まだメルマガ会員でない方
こちらから会員登録(無料)をお願いいたします。追って「登録完了メール」にて応募方法をお知らせいたします。

◆まだTwitterフォロワーでない方

F.A.E.P.のTwitterアカウントをフォローし、下記の指定のツイートをリツイートしてください。
※どれか一つでも、全部でも構いません。

▼『iKON JAPAN TOUR 2016』10/10(月・祝)マリンメッセ福岡レポート
https://twitter.com/faep_japan/status/791972816321060864

▼iKON <F.A.E.P.単独インタビュー:前編>
https://twitter.com/faep_japan/status/791973016976527360

▼iKON <F.A.E.P.単独インタビュー:後編>
https://twitter.com/faep_japan/status/791973136430346240

【しめきり】2016年11月26日(土)24時まで。
◆両方からの応募も可能です
◆抽選結果は、
○メルマガ会員様はご登録メールアドレスへのメール送信
○Twitterからフォロー&リツィートしてくださった方は、Twitterアカウントへのメッセージの送信
◆ご応募でお知らせいただきました個人情報は、本人の同意を得ずに第三者に開示することはありません。


■iKON日本オリジナルシングル情報
タイトル:「DUMB & DUMBER」
発売日:2016.09.28

 【CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー】 
価格:¥2,100(税抜) 品番:AVCY-58416/B

CD+DVDiKON_AVCY-58416_B_jkt
初回仕様:デジパック
1. DUMB & DUMBER
2. #WYD
3. LOVE ME
4. SINOSIJAK REMIX
■MUSIC VIDEO
・DUMB & DUMBER
・#WYD
・ANTHEM REMIX (CHOICE37 Ver.) / B.I&BOBBY
■BEHIND THE SCENES
・#WYD

【CD+スマプラミュージック】 
品番:AVCY-58417 価格:¥1,300(税抜)

CDpnlyiKON_AVCY-58417_jkt
仕様:デジパック
1. DUMB & DUMBER
2. #WYD
3. LOVE ME
4. SINOSIJAK REMIX
5. DUMB & DUMBER -inst.-
6. #WYD -inst.-
7. LOVE ME -inst.-
8. SINOSIJAK REMIX -inst.-

 

■MINO (from WINNER)とBOBBY (from iKON)によるスペシャルユニット”MOBB”の
ジャパンデビューミニアルバムリリース決定!
2016.12.28 On Sale!

MINO (from WINNER)とBOBBY (from iKON)によるスペシャルユニット”MOBB”のジャパンデビューミニアルバム!
本作は、BOBBYの“HOLUP!”、MINOの“BODY”といったソロ・デビュー曲をはじめ、MOBBとしてのタブル・タイトル曲の一つであり、MINO、BOBBY、そしてTEDDYとCHOICE37などYGを代表するプロデューサーと共に作り上げた“ブンビョ (FULL HOUSE)“など新録日本語バージョンが収録。また本作は韓国オリジナルバージョンも全曲網羅された豪華収録内容!

アーティスト:MOBB
タイトル:THE MOBB
発売日:2016/12/28(水)

◆【CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー】  
価格:¥3,300 (本体価格)+税
品番:AVCY-58446/B

CD_DISC 1
・ブンビョ (FULL HOUSE) / MOBB
・HIT ME -KR Ver.- / MOBB
・HOLUP! / BOBBY
・BODY / MINO

・GUARD UP AND BOUNCE -KR Ver.- / BOBBY
・FEAR feat. SOL (from BIGBANG) -KR Ver.- / MINO
他収録予定

DVD_DISC 1
【MUSIC VIDEO】
・ブンビョ (FULL HOUSE) / MOBB
・HIT ME -KR Ver.- / MOBB
・HOLUP! / BOBBY
・BODY / MINO
【BEHIND THE SCENES】
・HIT ME / MOBB
・ブンビョ (FULL HOUSE) / MOBB
・HOLUP! / BOBBY
・BODY / MINO
他収録予定

【CD+スマプラミュージック】  
価格:¥2,300 (本体価格)+税
品番:AVCY-58447

CD_DISC 1
・ブンビョ (FULL HOUSE) / MOBB
・HIT ME -KR Ver.- / MOBB
・HOLUP! / BOBBY
・BODY / MINO

・GUARD UP AND BOUNCE -KR Ver.- / BOBBY
・FEAR feat. SOL (from BIGBANG) -KR Ver.- / MINO
他収録予定

※ほか詳細は、随時下記公式ホームページをご確認ください。
■iKON OFFICIAL HOME PAGE http://ygex.jp/ikon/

 

■iKON JAPAN OFFICIAL FANCLUB 【iKONIC JAPAN】情報

会費 入会金 1,000円(税込) 年会費 5,200円(税込)
※手数料として、別途200円(税込)かかります。ご了承ください。

【ファンクラブサービス内容】
・オリジナル会員証の発行
・入会・継続特典プレゼント
・Official FanClub Magazine(会報)の発行(不定期)
・ファンクラブ会員限定ページの閲覧
・Eメールでの情報配信
・グリーティングカードの発行
・ファンクラブ限定グッズの販売
・コンサートチケットの先行予約販売
・ファンクラブイベントへの参加
※抽選となる場合もございます。
・TVやラジオの公開番組、イベント等への優先観覧ご招待
※各主催者の協力が得られた場合のみとなります。
・ファンクラブ限定特典

■iKON OFFICIAL HOME PAGE http://ygex.jp/ikon/

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 4月12日(水)に秦 基博・水野良樹(いきものがかり)・絢香ら日本を代表する豪華アーティスト…
  2. 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営する「ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ」では…
  3. 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営する「ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ」では…
  4. ラジオ局J-WAVE(81.3FM)では、古川雄輝がナビゲートする「AVALON」6/26(月)の放…
  5. 約1カ月で1000枚の限定シングルCDを完売、4月のワンマンライブも大成功だった台湾出身・平均年齢1…
  6. 2017年をリードする韓国の7人組ボーイズグループとして注目されているVICTON(ビクトン)が…
  7. 韓国出身4人組バンドCNBLUEが6月22日、大阪・大阪城ホールで春恒例のアリーナツアー『C…
  8. 若者を中心に話題沸騰、そしてテレビやSNSでも大注目のアジア発9人組ガールズグループ『TWI…
  9. 現在俳優として人気急上昇中のパク・ヒョンシク、 8月に日本で単独ファンミーティングを開催すること…
  10. 2017年、韓国バンド結成10周年イヤーとして駆け抜けるFTISLAND、その勢いを止める事…

◆九州まるまる情報

東日本大震災復興支援

Pray for JAPAN

ページ上部へ戻る