「2013 FNC KINGDOM IN JAPAN -Fantastic&Crazy-」2Days閉幕!

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

韓国を代表するロックバンドFTISLAND、CNBLUEらの所属事務所FNC Entertainmentが主催する音楽フェスティバル、「2013 FNC KINGDOM IN JAPAN ~ Fantastic & Crazy ~」が3月15日(土)・16日(日)、東京・日本武道館で開催され、2日間で2万6千人を動員した。
所属アーティストが勢揃いするフェスティバルは今回が初の試みで、15日がFantastic Day、16日がCrazy Dayと銘打たれたライブでは、15日(土)はトップバッターがFTISLAND、トリがCNBLUE、16日(日)は出番が逆となり、各日セットリストも変えられた。

KINGDOM(王国)と名付けられただけに、ステージは古城の城壁を模され、そのまわり360度を客席が囲む構成。2日目のそのステージに、青く柔らかな光に包まれて最初に登場したのは、前日にトリを務めたCNBLUE。ヨンファのピアノ弾き語りが話題となっている韓国での最新アルバム『Can`t Stop』から「Like A Child」、「Can`t Stop」の優しい歌声で、会場を幸せなムードで包みこんだ。尚、本イベントが韓国音楽番組で1位を獲得した「Can`t Stop」の日本初パフォーマンスとなったのもうれしいところ。
「今日はオープニングなので、みなさんとひとつになりたい。一緒に歌ってください!」
というヨンファの言葉に応えるように、「愛光」、「Starlit night」などで客席から大合唱が沸き起こったが、初の武道館ライブに、心なしかメンバーたちもうれしそう。ピアノ弾き語り、アコースティック・ギターを使った暖かな曲が前半に続いたが、「I wanna go to the top of the world!」というヨンファの雄叫びをきっかけに、後半は「Robot」から「Lady」まで4曲を一気に駆け抜ける激しいビートのロックセットに突入し、会場が一気にヒートアップ。9曲、約1時間のライブが短く感じられ、まさに、2日目のテーマにふさわしい幕開けとなった。

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

2番手で登場したのは、昨年10月に日本でインディーズデビューを果たし、今春には韓国デビューを控えるN.Flying(エヌ・フライング)。韓国では彼らの密着番組『チョンダムドン111:N.Flyingスターになる道』の放送も始まり、注目を集めている新人バンドだ。レディー・ガガの「Poker Face」に韓国語のラップを乗せたカヴァーをはじめ、自曲「Basket」など4曲を歌ったが、ラップとハードなサウンドが特徴のミクスチャー・ロックというジャンルは、FNCの中でも新機軸。新たなカラーのバンドの登場にFNCファンの期待も高まった。

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

3番手に登場したのは、2月に韓国音楽番組で1位を獲得したばかりのホットなグループAOA(エーオーエー)。8人組だが、5人のバンドユニット、7人のダンスユニットという2つのコンセプトの異なるユニットから成るFNC初のガールズ・グループだ。今回はバンドで、AKB48の「ヘビーローテーション」の日本語カヴァーなどを聴かせたが、日本のファンの前での初ライブとは思えない客席とのコール&レスポンスで会場を盛り上げた。ダンスユニットではセクシーなダンスで話題になった1位楽曲「ミニスカート」などを披露。その高いパフォーマンス力に、大きな可能性を感じさせた。

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

続いて登場したのは、スペシャル・ゲストのTWO SONG PLACE(ツー・ソン・プレイス)。韓国で大人気の女性タレント、ソン・ウンイとFTISLAND スンヒョンの名字が同じ<ソン>であることから結成されたユニット。スンヒョンがラッパーとして活躍するポップなダンスナンバー「ナイ-キ(age-hight)」を日本で初披露し、AOAがバックダンサーを務めるという異色のコラボレーションもファンを喜ばせた。また最終日となったこの日には、途中からCNBLUEのミンヒョクがダンスに参加するというサプライズも。ミンヒョクは「ダンスをしたのは初めてです」と言いながらもスンヒョンとダンスバトルを見せ、笑いを誘った。

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

5組目は、FNC唯一のソロ・アーティスト、JUNIEL(ジュニエル)。2010年に来日し、日本語学校に通いながら音楽活動を始め、2011年に日本でメジャーデビューを果たした彼女は、自作曲「Everything is Alright」など3曲をギターの弾き語りを中心に歌った。
「今日はCrazy Dayなので、言いたいこと、やりたいこと、全部やっちゃおうと思います。だから社長に言いたいことがあります!」と発言すると、韓国で放送されていたFNCリアリティドラマの『チョンダムドン111』でお馴染みのハン・ソンホ社長がいる客席に注目が集まったが、「昨日のライブ後、飲み会の席で社長と1対1の面談をしましたが、すごく私のことを思ってくれていて、感謝したいです」という言葉に暖かい拍手が起こった。

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

6組目に登場したのは、スペシャル・ゲストのイ・ドンゴン。ドラマ『パリの恋人』、映画『B型の彼氏』で大ブレイクし、ドラマ『未来の選択』ではCNBLUEのヨンファとも共演する大物俳優の登場に会場から喜びの声が上る。デビューは歌手という彼だけに、甘い歌声で歌う安全地帯の「悲しみにさようなら」カヴァー曲で会場を酔わせた。「みなさんの前で歌うのは5年ぶり。久しぶりですが、このステージで新曲を唄いたいと思います」というサプライズで、未公開の新曲「Oh I Love You」が電撃公開された。

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

2日目のトリを飾ったのは、FNCの歴史を切り開いた所属第一号アーティスト、FTISLAND。彼らの名前がアナウンスされると、会場がアーティスト・カラーの黄色のペンライトに染まり、ジョンフンのギターのカッティングに合わせて光りが揺れる。年末のホンギのケガで延期になった本イベントだが、彼らにとってもファンにとっても待ちに待った復帰ライブ。スタートの「シアワセオリー」から客席のテンションは急上昇!「Let it go」では黄色いタオルがグルグル回され、「願う」では、韓国語の歌詞を会場中が大合唱。ホンギのボーカル力はさることながら、絶対的なスターオーラと、ライブというものをとことん楽しむ彼の姿勢がファンに高揚を与え、パワフルでポジティブなFTISLANDのバンド・サウンドが音楽と一体になる幸せを教えてくれる。とにかく「楽しい!」と思わせてくれるFTISLANDの魅力が爆発。「何も考えずに遊ぼう!」とホンギは叫び、ステージ後方に広がる花道を全力疾走。「これからも一緒に音楽をするために頑張ります。これしかないって本気で感じる」とホンギもしみじみと語り、ラストはジェジンの切ないボーカルが光る「Stay」で締めくくった。FTISLANDにとっては3年ぶりの武道館だったが、ロックの殿堂にふさわしい9曲のライブを見せてくれた。

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

大きなアンコールの声に導かれてステージに再登場したホンギは「幸せな気持ちで帰ってほしい。今、幸せですか? それだけでいいですよね」とファンに語りかけたが、この言葉が本イベントを象徴していたのではないだろうか。最後はFTISLANDが出演アーティストを1組ずつ紹介しながらステージ
に呼び込み、「FNC KINGDOM大成功!」というホンギの号令でファンと一緒に記念撮影。全アーティストがFTISLANDの「鳥のように」を歌いながらステージを一周し感謝を表しながらファンの大きな声援に応え、約4時間半にわたるイベントの幕は閉じた。

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

©2014 FNC Entertainment / FNC MUSIC JAPAN INC. All Rights Reserved.

ファミリーコンサートならではのグループの壁を超えたメンバー同士の交流も見られたが、意外なことに、FTISLANDとCNBLUEは、このステージが日本初共演。いつもと違ったアットホームな雰囲気に、ファンとアーティストだけでなく、ファミリーの絆も深まったようだ。また、参加者全員にFTISLANDと
CNBLUEの未公開楽曲のCDも配布されるという、家に帰っても楽しめるお土産まで用意され、ファンにとっても有形無形で思い出の残るイベントとなった。バンド、そしてライブを大事にしているFNC Entertainment。この事務所がこれからの韓国のバンドカルチャーを変え、日本やアジア、そして
世界のライブシーンに新風を吹き込む存在になることは間違いなさそうだ。

■FNC KINGDOM公式Facebook⇒ https://www.facebook.com/FNCKINGDOM.INJAPAN

 

———————————————————————-
INFORMATION
———————————————————————-
■「2013 FNC KINGDOM IN JAPAN ~ Fantastic & Crazy ~」FT & CN SPECIAL放送決定!
5月23日(金)20:00-23:00 フジテレビNEXTにて
詳しくは http://www.fujitv.co.jp/otn/index.html

■FTISLAND・CNBLUEアートフォトブック 一般予約スタート
「2013 FNC KINGDOM IN JAPAN ~ Fantastic & Crazy ~」会場で先行販売した
アートフォトブックの一般予約がスタートしました。

・FTISLAND 『PLAYGROUND』 2014年4月9日(水)発売
完全限定生産 / 豪華ハードカバー / 208頁オールカラー / A4判
定価:3,500円+税 発行/監修元:FNC MUSIC JAPAN INC
詳細→ http://ftisland-official.jp/

・CNBLUE 『Place of Blue』 2014年4月9日(水)発売
完全限定生産 / 豪華ハードカバー / 192頁オールカラー / A4変形
定価:3,500円+税 発行/監修元:FNC MUSIC JAPAN INC
詳細→ http://cnblue-official.jp/

■FTISLAND 発売情報
・FTISLAND「未体験Future」 4月2日発売シングル発売
3/17よりPV公開→ https://www.youtube.com/watch?v=u7_3xn3E-is

■CNBLUE 発売情報
・CNBLUE「Truth」
4/23 シングル発売

■FTISLAND ライブ情報
「FTISLAND Arena Tour 2014(仮称)」
6/3・4 さいたまスーパーアリーナ
6/16・17 大阪城ホール
6/21・22 名古屋ガイシホール
6/25 マリンメッセ福岡

■CNBLUE ライブ情報
「CNBLUE YOKOHAMA ARENA(仮称)」
4/29・30 横浜アリーナ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

  1. 多様な国籍のメンバーで構成された韓国発のボーイズグループNCT 127(読み:エヌシーティー…
  2. 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営するCS放送局「衛星劇場」(本社:東京都中央区 代表取締役社…
  3. 「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2019」は、皆さまからの多大なるご支援とご協力を賜り、 …
  4. 俳優・歌手などマルチな才能で活躍するアジアプリンス、チャン・グンソクの展示会「COMEON JKS …
  5. 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営するCS放送局「衛星劇場」(本社:東京都中央区 代表取締役社…
  6. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…
  7. 長崎県(本庁:長崎県長崎市、知事:中村法道)、ジェットスター・ジャパン株式会社(本社:千葉県成田市、…
  8. 日本国内及び台湾で交通広告や食関連事業などを展開する株式会社エヌケービー(所在地:東京都千代田区、社…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る