宮崎の日本茶専門店「新緑園」、全国茶品評会において  3年連続“一等一席”
『農林水産大臣賞』受賞の快挙達成
~ 宮崎茶が高品質である事の証明と発信を目指す ~

日本茶専門店の新緑園(代表取締役:黒木 信吾)は、2015年に引き続き出品した「第70回 全国茶品評会 三重大会」蒸し製玉緑茶部門において、一等一席「農林水産大臣賞」3連覇を達成しました。
また一等二席も3年連続受賞しました。

img_111491_1

2016年 手摘み

第70回 全国茶品評会: http://www.mie-isecha.org/

「第70回 全国茶品評会審査会 三重大会」は、2016年8月23日(火)から26日(金)の4日間にわたり、三重県鈴鹿市文化会館で開催。全国から集まった20名の審査員により、18都府県の茶産地から7茶種8部門へ出品された計848点について、慎重に審査されました。

■約150名の協力により達成した“3連覇”
4回目となる今回の「出品茶園」では、例年と同様に、手摘みの一週間前から生育と収穫への感謝の想いを込め、茶園にモーツァルトの音楽を聴かせ、手摘み参加者の方々へ心癒される時間と感謝を伝えるため、茶園入口にウエルカムフラワーの植栽を実施。休憩中に自然と皆が口にするのは「3連覇」。年に1度の100名以上の顔合わせでも気持ちは一つでした。
多くの方々と共に喜べる結果となり、8月26日(金)の発表の日はドラマの様な1日となりました。

■新緑園の品評会への参加目的
・宮崎県の環境、土壌で生産されるお茶が、他の有名茶産地と比べた時に遜色ない品質である事の証明と信頼。
・日本茶を通して地域の方々との共同目標と活動。
・消費者の方々へ「おいしいお茶の提供」を続ける為の勉強、確認、挑戦。

■新緑園の「出品茶手摘み」
出品茶園の年間管理は、毎年「心をひとつに一芯二葉」を掲げ、「自家製液肥」や「ミミズの住める土づくり」など、おいしいお茶を追求した栽培方法への取り組みを積極的に行っています。「出品茶手摘み」は地域の方々や関係機関、お客様など150名程のご協力があってこその新緑園の取り組みです。参加者の意識や手摘み技術の向上がみられ、品評会での受賞を「皆で喜び合える」取り組みとなっております。

img_111491_3img_111491_4

■日本茶AWARD2016「プラチナ賞」受賞
日本茶専門店 新緑園は、日本茶AWARD2016の「うまいお茶」部門にも出品。2016年9月3日(土)から二日間、静岡茶市場にて一次二次審査が行われ、「まれもの」「特撰深蒸し茶」の2商品がプラチナ賞を受賞しました。
今後は、2016年12月2日(金)・3日(土)に三次(最終)審査会、2016年12月2日(金)~12月4日(日)にTOKYO TEA PARTYが東京 渋谷ヒカリエ8Fで行われます。

 

<日本茶AWARD2016とは>
日本茶AWARD2016は、「古くて新しい日本茶」の品評会・AWARDです。新たな提案として、消費者の視点も取り入れて審査をします。全国の仕上げられた商品を、「うまいお茶」「香りのお茶」に部門出品。消費者の求める多種多様なお茶の最高品を「見える化」して、広く多くの人々が愛飲する新時代の茶文化を創造します。そしてそれが海外にまで波及するよう、皆で豊かな茶を発掘し、奨励して、更なる日本茶の消費拡大につなげることを目的とした大会です。

日本茶AWARD: http://nihoncha-award.jimdo.com/

■『日本茶専門店 新緑園』について
230アールの自園茶畑を生産。直売店舗や地元卸を中心に、首都圏の百貨店、国際線ファーストクラスの日本茶など東北や、四国などにも販路を持ち、宮崎の日本茶販売店としての評価をいただいています。
日本茶の魅力を消費者の方々に広くPRしていく為に、世界緑茶コンテストや全国茶品評会、日本茶AWARDなどの大会に積極的にチャレンジし、品質の向上、魅力の発信に努めています。また、女性社員・日本茶インストラクターによる講座や、季節にあったイベントも定期的に開催しています。

■今後へ向けて
お客様や取引先様の信頼と喜びを大切に、日本の伝統文化である日本茶の魅力を消費者の方々に広く発信していく事を使命とし、新たな挑戦、魅力、品質の追求を実行していきます。また宮崎の日本茶専門店として宮崎茶が高品質である事の証明と発信。2016年の各賞受賞の実績を新たな魅力ある提案に繋げ、日本茶を通じた笑顔が生まれる販売活動を広めてまいります。

img_111491_5img_111491_6

■会社概要
商号  : 株式会社新緑園(カブシキガイシャシンリョクエン)
代表者 : 代表取締役 黒木 信吾(クロキ シンゴ)
所在地 : 〒889-1406 宮崎県児湯郡新富町大字新田15530-2
事業内容: 日本茶販売・生産・製造(飲料)
直売店舗、県内卸、関西、関東圏への卸販売
社員数 : 14名
URL   : http://www.shinryokuen.net/

【お問い合わせ先】
株式会社新緑園
Mail: info@shinryokuen.net

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近の記事

  1. 韓国ロックバンド界の開拓者として、日本をはじめ世界各国に進出し道を切り開いてきたFTISLA…
  2. 去年11月から今月2月まで韓国で放送され、‘復讐劇’というテーマにもかかわらず激戦の週末ドラ…
  3. 日本デビューから3年! TOPアーティストへ登りつめた”BTOB ” 日本デビューから3年でT…
  4. 株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、自社テレビ局「D…
  5. 写真提供A・R・A デビューから20年近く、端正なマスクと鍛え上げられた肉体をトレードマークに幅広…
  6. © F.A.E.P. 昨年9月に日本デビューを果たしたnoovy。2枚目のシングル発売記念のリリー…
  7. © F.A.E.P. 昨年5月。まだメジャーデビューに向けて3000枚の売り上げを目指していたno…
  8. 超新星 ソンジェの2ndアルバム『ユメノカイカ~夢が夢で終わらないように~』に、収録された楽曲「きっ…
  9. 株式会社レコチョクが運営する共創・体験型プラットフォーム「WIZY(ウィジー)」では、201…
  10. 神がかりな歌唱力で「韓国の4大ボーカリストの1人」の異名をもち、韓国アーティスト達のレジェン…

韓国:安東(アンドン)から・・・

  1. 左から、ジャモン、ジェイル、ロウ、ボホ、エムゴン © F.A.E.P. 小雪の散らつく博多のコリア…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る