U-KISS 『U-KISS JAPAN One Shot LIVE TOUR 2016』
7/20 福岡国際会議場 ライブレポート

7月20日福岡国際会議場にてU-KISSの2016のLIVE TOURが開催されました。
F.A.E.Pはこの日の夜の部に参戦、すでに梅雨明けした福岡はこの日も本当に日差しの強い日でしたが、開演何時間も前からファンが会場前に集まっていました。ファンにとってはこの開演前のファン同士の交流も大事な時間のひとつです。
そしていよいよLIVEがスタート!

♪『One Shot One Kill』

_AAA8991

トレンチコートの衣装で登場したメンバー。そしてその手にはステッキ。
今回のLIVEタイトル”One Shot”のロゴにもステッキが施されており、今回のLIVEのシンボルになっているようです。そのステッキを使ったダンスはまるでフランス映画を見ているようです。

♪『CRY BABY』
♪『Inside of Me』

トレンチコートを脱ぐと中にはさわやかな白いシャツ。サスペンダーがさらに可愛らしく見えます。
そんな衣装にも関わらず、『CRY BABY』ではイライとジュンのラップは男らしく、そうかと思えば『Inside of Me』ではPOPな曲調に合わせた表情を見せてくれます。

汗だくだくになったスヒョンが「目に汗が入った~暑いねえぇ~。」と笑顔でMCがスタート。
U-KISSのメンバー紹介はメンバーが「僕はU-KISSの?」とコールするとファンがメンバーの名前をレスポンスするというお約束の方法です。ファンの声の大きさをメンバー同士で「今のは60%」「今のは100%だ!」と嬉しそうに判定して遊んでいました。
ここでスヒョンがフンの名前を「なんでみんな、う●●って呼ばないの?」といじり始めます。
フンも「僕も一応アイドルなんだから、そういう事言わないで!」と大慌て。
笑いを取る為にアイドルらしからぬ発言をしてしまう所も彼ららしいです。
次の曲の紹介はケビンが担当。最後に見せたウィンクをきっかけに、MCタイムとは一気に一変して表情を変えてしまいます。_AAA0053

♪『Super Special Lady』
♪『Kissing to feel』

『Super Special Lady』ではコズミック的な雰囲気で、『Kissing to feel』では刺激的すぎるほど手や腰の動きが
セクシーです。

(映像タイム)
画面にはケビンのソロ活動の映像が流れました。MV撮影の様子です。
衣装チェンジの間にピザをほおばるケビンの素顔が垣間見れました。
そしてカメラに向かって「メンバーに会いたいです。」とつぶやく姿が可愛らしく、まるで小動物のよう。
撮影終了したケビンはスタッフ全員とハイタッチ。そのまま映像カメラに向かって「みなさん、お疲れ様でした。」とまるでこちら側で見ているファンとそうするようにハイタッチ。思わずファンも画面に手を差し出していました。

♪『Make me』(ケビンソロ)

_AAA1875

ケビン

7月6日にソロデビューしたケビンのデビュー曲です。ダンサーをバックに披露。
ハードなダンスですがケビンの持ち味である歌唱力もしっかりと堪能できる楽曲でシャウトがとてもきれいです。
サビの「go!go!go!go!go!」の部分がとても印象的で耳に残ります。

♪『君だけを』・『HEART STRINGS remix』・『Crazy 4 U』・ 『Illusion remix』
  (スヒョン・フン・キソプ)

LIVEだけの特別なコラボ!それもメンバー内のソロ曲を他のメンバーとコラボをするとは、他でもあまり見た事がありません。スヒョンのソロ曲『君だけを』、フンのソロ曲『HEART STRINGS~言えないコトバ~』、そしてキソプが作詞作曲した『Illusion』『Crazy 4 U』を加えた4曲のメドレーをスヒョンとフンとキソプが披露。
本当に豪華すぎるLIVE限定の特典です。

_AAA1550

スヒョン

_AAA1490

キソプ

♪『テンテンテン』(イライ・ジュン)

韓国語で『땡땡땡』、韓国のラップグループ Supreme Teamの曲をイライとジュンがカバー。
ラップ担当の2人が主役です。U-KISSでB系のステージを見る機会はあまり多くはありませんが、ここでは
イライとジュンの本領発揮。いつもとは少し違うノリでもファンもすぐに音に合わせて立て乗りになっていきます。

_AAA1687

イライ

他のメンバーも『テンテンテン』のノリの余韻のままステージに登場。
「Louder!(歌詞の一部)」「いや~すごいね~。」「後ろでメンバーもみんなで踊ってたよ!」と大好評。
今回はカバー曲でしたが、いつか2人のオリジナル曲も作りたいと意欲満々です。

3人のメドレーではキソプが自分とスヒョンのソロ曲を歌ってくれた事がすごく嬉しかった、キソプがこんなに歌がうまいと知らなかったと話すフン。
キソプは「僕はバラード曲大好きです、僕は感情がバラードスタイルなので。」と答えたのですが、
それに対して「いつもSNSとかに『雨が降ってる・・・雨が降ってるからお母さんを思い出す』とか書いてる。」とフンがいじり始めます。スヒョンもキソプが歌ってくれた事を嬉しいと言いながら、歌い出しの歌詞が違うと言い出します。感情が込めすぎたからだとキソプが言うと、またしてもフンが「キソプは感情が雨みたいだから。」と再度いじりはじめます。どうやら今回キソプはこのネタでいじられ続ける様子です。

ケビンのソロの話しになると、「まず、初めてのリリースイベントですごく寂しかったです。」と話すケビン。
スヒョンから「今は?」と聞かれ「今はいいです。一緒にいてくれてありがとう。」とはにかみながら答えるケビン。まるで女の子のようなその表情に、ファンだけではなく聞いたスヒョンがメロメロになっていました。

ここでケビンのソロ曲の印象的な部分をメンバーそれぞれでやってみようという話になります。
ダンスマスターのキソプは「え?それ真剣に?おもしろく?」とスヒョンに聞きますが「どっちでもいいよ!」と言われ、結果メンバーのほとんどが笑いを取りに行ってしまいます。さすがU-KISS。かっこいいだけではないですね。その中でジュンだけは最後まで頭を抱えてどうするか考えているのも可愛らしかったです。

今回はここで客席のファンとの記念撮影の時間。しかも毎回メンバーの誰かのスマホを使って撮影し、すぐにSNSにアップされています。現在、メンバーのSNSで各会場での楽しそうな雰囲気を写真から感じることができます。

♪『Shining Stars』
♪『Dear My Friend』

『Dear My Friend』ではメンバー同士が肩をたたき合ったり、触れ合ったりする振付があり、その度に目を合わせて笑いあう姿が微笑ましいです。

(映像タイム)
『Stalker』のメイキング映像が流れます。ジャケット撮影中、鋭い瞳でカメラ見つめてポーズを取るメンバーですが撮影が終わると映像カメラに向かってオフの顔になります。
お兄さん達が話している後ろでチョロチョロと動き回っているジュンがあまりステージでは感じる事は少ないのですが、末っ子の子供のようで思わず目を細めて見てしまいました。

♪『Stalker』
♪『When I close my eyes』
♪『Take it slow』

_AAA2463

『Stalker』は韓国でのカムバック曲。もちろん韓国語での披露ですが、さすがファンのコールは完璧です。
何よりダンスが印象的なこの曲。指の間から見つめるメンバーの表情にゾクッとします。
こういう表情を付けた曲でU-KISSの魅力を本当に強く感じます。

「韓国の曲のコーナーでしたがどうでしたか?」と駆け付けてくれたファンに感謝すると、ケビンは「来れなかった皆さんの愛もちゃんと感じました。」と細やかな気遣い。
今回『When I close my eyes』は韓国より先に日本で披露してくれたとの事。

『When I close my eyes』は韓国語では『눈을감아도(ヌヌルカマド)』です。
どうやらメンバーはこちらで記憶している様子で『When I close my eyes』をカンペを見ないとすぐに言えなかったフン。MCの途中で席を外していて戻ってきたスヒョンに「覚えてますか?」と意地悪でカンペを体で隠しながら聞くのですがスヒョンは完璧に回答しファンからは大きな拍手。
しかし「僕は目が2.0だからね、あっち(遠くにある別のモニター)が見えたよ。」とスヒョンが正直に告白し会場は大爆笑となりました。

♪『Shut up!!』
♪『Rock Me』

_AAA2955

『Shut up!!』『시끄러(シクロ)』のイメージが強いファンも多いと思います。長く彼らが歌っている曲ですが、どんどん曲の雰囲気が変わっていっているように感じます。日本語だと「うるさい」と訳する事になるのかもしれませんが、「黙れ」と訳すほうが、少し男らしさを感じられてイメージに近いです。彼らの成長と共に曲も変わっていってるのかもしれません。

◆アンコール

(映像タイム)
今まで彼らがリリースしてきた曲の紹介がながれ、懐かしい映像のファンも一緒に歌を口ずさみます。
そして冬のツアーが全国8箇所20公演で開催される事が発表。今回は初のBESTツアーとの事です。
先ほどの『시끄러(シクロ)』のように彼らと共に進化した曲を聴ける絶好のチャンスとなりそうです。

♪『nightmare』
♪『ぼくだけのヒーロー』

_AAA3095

フン

_AAA3043

ジュン

ラスト1曲を前にメンバーから一言ずつとスヒョンからふられ、最初に話しだしたキソプ。
この時間が自分にとって宝物だと叙情的に語り出すと「回りくどい!話しが長い!だからSNSに『雨が降る』とか書くんだ!」と最後までいじられます。最後には「大好きです!」と簡単に締めくくりました。

フンは「雨が降ると~僕は皆さんを思い出します。死ぬまでずっと皆さんは僕の宝物です。」とキソプをフューチャーし最後までスヒョンに真面目にしなさいと怒られていました。

イライは暑い中来てくれた事に感謝し「皆さん最後までクレイジーになりましょう!」」と最後まで盛り上げます。

「キスミーの事は前からずーっと好きだったよ。これからもずっと好きになってもいい?これからも応援よろしくおねがいします。ばり好いとうよ~。」とケビンは福岡弁を披露。

「いつも僕たちの事を応援してくれてありがとうございます。死ぬまで僕の隣にいてください。」と一生懸命に話してくれたのはジュンです。

メンバー全員の言葉を聞いてスヒョンは「皆さん本当にありがとうございました。」と簡単に終わらせようとして全員に突っ込みを入れられます。「皆がもう全部言っちゃったよ!」と言いながらも、ステージから
ファンの笑顔を見ていると本当に幸せになると語り「本気で皆さんが好きです。」と囁き、黄色い声援を浴びていました。

♪『Action』・『Stay Gold』・『Kiss Me Forever-一生Japanese verー』・『Without You remix』

アンコールではタオルを持って登場したメンバー。ファンと一緒にコール&レスポンスを楽しんだり一緒になってタオルを振り回したり、そして最後はこれまた贅沢なメドレーで締めくくってくれました。

_DSC3242 いつも色々な方法でファンを楽しませてくれるU-KISS。歌で聴かせて、ダンスで魅せてカッコよく決めたり、可愛くみせたりツンデレだったり、そして笑いの為なら身を削ってしまう彼ら。アイドルの枠で括ってしまうのはあまりにも難しすぎると今回のLIVEで改めて思い知らされました。今回のツアーの最終日7月22日(金)の東京・中野サンプラザホールでのLIVEの模様のテレビ放送も決定!ツアーに参加した人も、残念ながら参加できなかった人も是非テレビの前で大いに盛り上がりましょう!
放送予定:2016年9月25日(日)午後6:45~予定 衛星劇場のLIVEスペシャルにて独占放送!!
(文:森下 恵美子)


「U-KISS JAPAN BEST LIVE TOUR 2016~5th Anniversary Special~
supported by CHIC-Smart」

IMG_3914

11月23日(水・祝)札幌・Zepp Sapporo
11月25日(金)東京・八王子オリンパスホール
11月26日(土)東京・八王子オリンパスホール
12月02日(金)福岡・福岡国際会議場
12月04日(日)広島・広島国際会議場フェニックスホール
12月09日(金)兵庫・神戸国際会館
12月10日(土)兵庫・神戸国際会館
12月15日(木)名古屋・愛知芸術劇場
12月23日(祝)宮城・イズミティ21
12月25日(日)神奈川・パシフィコ横浜

詳しくは
https://ukiss.fc.avex.jp/

■CHIC-Smartとは

CHIC-Smart プロモーションビデオ

CHIC-Smart HOW TO ビデオ

■オフィシャルサイト http://u-kiss.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 既にチケットSOLD OUTとなっている11月5日(日)ファンミーティング「2017 PARK SH…
  2. 韓国大人気オーディション番組「プロデュース101」シーズン2で人気を集めた高田健太、キム・ヨングク、…
  3. 東方神起が山手線をジャック!!またまた東方神起から新しい話題が届いた。 10月25日、…
  4. 東方神起が『ミュージックステーション』に戻ってきた!! 本日10月13日(金)放送のテレビ朝日…
  5. 現在、全国18都市39公演8万8,000人動員の"トーク&ライブ"ソロホールツアー【…
  6. ラウンドワンは、2017年10月17日(火)よりラウンドワンのカラオケ・ボウリングにおいて、BIGB…
  7. 韓国Mnet TVにて2017年4⽉-6⽉に放送され、韓国・⽇本のみならず世界中で⼀⼤ムーブメントを…
  8. 株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、 自社テレビ…
  9. ©KING RECORD ドラマ『アントラージュ~スターの華麗なる人生~』『恋はチーズ・イン・ザ・…
  10. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…

韓国:安東(アンドン)から・・・

  1. 仮面舞フェスタと同時開催で9月29日~10月8日まで開催される「安東民俗祝祭」。今年で46回と昨年で…

◆九州まるまる情報

東日本大震災復興支援

Pray for JAPAN

ページ上部へ戻る