KEVIN (from U-KISS)<F.A.E.P.単独インタビュー:前編>
”音楽的にもビジュアル的にも違った面を見せることができてうれしいです”

KEVIN_19-2

©F.A.E.P.

2016年7月6日に『Make me/Out of my life feat.K』でソロデビューを果たしたU-KISSのKEVINが、オリコンデイリーチャート初登場5位という好スタートで精力的にソロ活動を行う中、今年で日本デビュー5周年を迎えたU-KISSの『U-KISS JAPAN “One Shot” LIVE TOUR 2016』で来福。公演を翌日に控えた7月19日、福岡市内某所にてF.A.E.P.がお話を伺いました。

F.A.E.P.インタビュアーTK(以下T:): 日本語で進めた方が良いのか、英語の方が良いのか迷いますよね… (笑)
(TKは日本語堪能なカナディアン)

KEVIN(以下K:): 今は日本語の方が…。でも両方使えます!(笑) じゃー、英語の方が良いかもね。

すると逆に、KEVINからの質問で英語によるインタビューがスタート!

K: どれぐらい日本にいますか?

T: そろそろ10年目に突入です。

K: ワォ!10年?!じゃあ日本語は問題無いですよね。

T: KEVINも韓国の活動から10年近くになっていますが、同じぐらいの年月でも私達二人がしていることはだいぶ違いますね。そちらの方がハードな気がします(笑)

K: いやいや、仕事は違ってても、それぞれに難しい事はありますよ!

T: 今回はKEVINにとって初のソロシングルですが、前のアルバムにもソロ曲があったりしましたよね。(U-KISS/5thアルバム『One Shot One Kill』の中の「DON‘T BREAK US DOWN feat.JUN」<ケビンソロ曲feat.ジュン>)

K: そうですね。ソロ曲はU-KISSのアルバムにもありました。でも今回はソロアーティストとしてデビューをすることができて、シチュエーションが今までとは違いますね。

T: しかも母国の韓国ではまだソロデビューをしてないですよね。

K: もういろんな意味で本当の初のソロデビューシングルですね、今回は!

T: では、今回はソロイストとして、どういう気持ちでしょうか?

K: 今までとは違いますよね…本当に違う。考え方も変えていかないと。なぜかというと、ステージ上でメンバーと一緒にいるのとは違いますから。

T: 確かに、グループから一人になるとね…。

K: 僕らのリーダー(スヒョン)はいつも代表して喋ってくれていますし、全てにおいて(コンサートなど)リードしてくれています。でもそれが一人になると喋りも自分でやらないといけないし、みんな必ず僕を見ているので今までより緊張しますけど、でもそれも慣れてきたと思います。

KEVIN_48

©F.A.E.P.

T: 企画からレコーディングや撮影まで、今回のソロデビューはどれぐらいの時間がかかったのでしょうか?

K: 約2、3か月かな?4月に初めてソロデビューの話を聞いて、その時から曲を集めたり、どのジャンルに専念するとか…本当に4月からとても忙しかったです。

T: ソロデビューは前からしたいと思っていましたか?

K: まぁ〜そうかな?(笑)「ずっと前からソロデビューがしたかった!」とは言えないけれど、してみたかった思いはあって、実現できて気持ちいいです。ファンの皆さんに今までとは違う自分を見せることができて気分が良いし、音楽的にもビジュアル的にも違った面を見せることができてうれしいです。

T: 今までずっとグループ活動をやってきたけれど、今回は本当に一人で戦わなきゃね。
誰もフォローはしてくれないし…。

K: 本当にそれですね(笑)。スポットライトは全て自分だけを照らしているので。
振り付けも完璧に覚えて、準備も万端です!そしてKさんとのバラードも本当に光栄でした。なぜかというとKさんはずっと憧れだった存在で、U-KISS内でもよく聴いていた邦楽アーティストの一人で、今回コラボができて感激でした。

T: そのコラボは自分の希望で実現したんですか?

K: そうです。ずっとしてみたかったです。

T: それに対してKさんの返事はどうでしたか?

K: コラボをするまでご本人には会ったことがなかったんですが、Kさんは作曲や作詞をしているプロダクショングループに所属をしていて、そのチームが既に幾つかの曲をU-KISSのために書き下ろしてくれていたので…、もともと「つながり」があったこともあり、快諾してくれました。そしてレコーディングでやっと会えて、はれてKさんと一緒にお仕事ができるのは光栄でした。

T: 今回の楽曲はかなりKさんらしい曲となっていますね。

K: そうですね。Kさんが作曲をしてくださいましたけど、歌詞とそのストーリーは僕の提案で、それを踏まえて作ってくれた曲となりました。かなり上出来の自信作になったと思います。

T: そしてこのシングルは見事オリコンデイリーチャート5位を獲得しましたね!おめでとうございます!!ファーストソロシングルとしては、なかなかの良い成績を残しているんじゃないでしょうか。

K: ものすごく頑張ってきたので、良かったです!

KEVIN_39

©F.A.E.P.

T: 次は1位を目指して?

K: そうですね(笑)。でも1位を獲るより今回のソロデビューの趣旨としては、U-KISSのメンバーとしてだけではなくKEVINという名前をもっと広めていくようにするのと同時に、今までとは別のイメージを出していくのも大事だと思いましたし、これまでよりもっと多くの人にこの曲を届けられたらなと思っていました。

T: 世界中のファンがこのソロデビューで盛り上がっていますが、それぞれのファンの応援の仕方や面白い違いがあれば教えてくれませんか?

K: 韓国ではファンとのコミュニケーションは母国語でできるし、かなりフレンドリーです。「久しぶり!今日は何か良いもの食べた?」というような挨拶も出来ますね。実は日本の場合も今はそんな感じで違いはそれほど無いんです。ライブの場合では、日本のファンはしっかりと歌を聴いてくれてステージ上でのパーフォーマンスを尊重してくれます。韓国のファンは一緒に歌ったりファンチャントをやってくれたり。そこはものすごく違いがあって面白いですね。どちらとも嬉しいので、それぞれの応援の仕方を尊重しています。どちらかというと日本のファンは「見守ってくれている」という感じかな。

T: 世界各国にファンが多いKEVINですが、Twitterでは100万人以上ものフォロワーがいて驚きです。

K: ありがとうございます(笑)

T: そして毎回日本語や韓国語、もしくは英語などでツイートしていますが…。

K: それぞれの国のファンの方のためにその言語でいつも発信したいと努力しています。

T: それは全部自分でしているのですか?

K: そうですね!

T: ならば、他に秘密にしている得意な言語はあったりしますか?

K: ない、ない(笑)。でも実は中学、高校ではスペイン語を習っていましたけど、今はほとんど忘れてしまっていますね…。もしも次に勉強するならば、中国語とかフランス語とかかな…。

T: 私ならフランス語は教えることはできますよ!

K: 本当?!なんで?

T: カナダ出身なので(笑)

K: そうか!(笑)機会があれば是非!!(笑)

T: でも今はU-KISSの全国ツアーと同時に各地でソロプロモーションと…。

K: かなり大変です…。

T: こんなに多忙の中で、どうやって気分転換をしているのでしょうか?1日が終わったらどうしてますか?まずは、このインタビューが終わったら?

K: オーマイガー!まずは…お風呂!(笑)それから美味しいご飯を食べて。

KEVIN_36

©F.A.E.P.

T: 大好物は焼肉とラーメンだそうですが。

K: 焼肉やバーベキューはもちろん、ラーメン、お寿司、和食と限らず、イタリア料理、タイ料理、アメリカのものでもなんでも好きです。長い1日のスケジュールが終わったら、お気に入りのレストランまで行ってたくさん食べて、ビールも飲んで(笑)そしてリラックスしますね。

T: 福岡までプロモーションで来ることは今まで何度もあったと思いますが…。

K: そうですね。たくさん来ていますね。

T: でしたら、福岡に来る度にここに食べに行きたい!とか、ここは絶対に行かないと!という場所や物はありますか?

K: もちろんとんこつラーメン!今回もう既に二日間で二回も食べてます。昨日の夜に来福して、夕食にラーメンと明太子と串焼きも食べて、そしてもちろんビール(笑)。今日は別のお店でとんこつラーメンを。

T: でしたら好きなラーメンはありますか?

K: 初めて食べた日本のラーメンは一蘭でしたので、それから忘れられない味は「とんこつ」になってます(笑)。とんこつの発祥は福岡なので、よく食べてますね。そして前回は秋冬だったので水炊きを食べましたけど、今回は夏なのでちょっと暑すぎるなと思って…。

T: 各地で自分のお気に入りのスイーツやグルメはありますよね!

K: でも食べる以外に本当にあまり時間が無くて…。 いつもスケジュールが厳しくて、福岡まで来てもホテルかライブ会場か、そしてどこかへ何か食べに行って「ハイ、次!」という感じで。でも次回は温泉に行ってみたいですね。

T: 福岡で温泉?

K: 九州内で、できたら!

T: でも温泉でしたら、私の地元の方が…。

K: どこですか?

T: 大分県です。

K: ああ!大分!聞いたことがあります!

T: もしいつか行けたらいっぱいオススメのところもお教えしますし、案内も必要なら遠慮なく!ちなみに大分からのお土産も準備してきてるので…。

K: 本当ですか?!KEVIN_14-2

T: 今出した方が良いですか?

K: うん、うん!今!今!(笑)

T: ここまで来たら地元PRを(笑)。

K: 福岡からどれぐらいですか?

T: バスで2時間半くらいかな?

K: 毎日バスでここまで来てるの?!

T: いやいや(笑)時々ラジオの活動やインタビューなどで来たりしています。

(お土産を本人の前で披露)

K: イエーイ!!(笑)

T: これは「ザビエル」といいまして。

K: 「ザビエル」?

T: フランシスコ・ザビエルがキリスト教を大分で伝えた後に名付けられたお菓子でして。

K: 教会とかの記念物もあるの?

T: 記念物は街中にありますね!そしてこちらの飲み物は「つぶらなカボス」という飲み物で、
「カボス」というライムみたいな、そしてちょっとゆずみたいに甘いです。

K: いいね〜!

T: 今度は全員分に持ってきますね。(今回は2本だけ持参)

K: 2本もらったので、もう1本は「好きな人」にあげます!笑

T: それか、カイバイボ(韓国のジャンケン)で!笑

K: カイバイボ知ってるの?韓国語もわかりますか?

T: ちょっとしかわからないので、全く自信がないからご勘弁を…。

K: OK!OK!(笑)

KEVIN_74

©F.A.E.P.

KEVIN (from U-KISS)<F.A.E.P.単独インタビュー:後編>へつづく


■リリース情報

発売日:2016年7月6日
アーティスト:KEVIN(from U-KISS)
タイトル:「Make me/Out of my life feat.K」

【CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー】(CD+DVD盤)
[main]KEVIN_DVD付
AVCD-83585/B 1,944円(tax in)
<CD>
1.Make me
2.Out of my life feat.K
3.Make me (Instrumental)
4.Out of my life feat.K (Instrumental)
<DVD>
1.「Make me」(Music Video)
2.「Out of my life feat.K」(Music Video)

【CD+スマプラミュージック】(CDのみ盤)
KEVIN_CDのみ
2016-07-06
AVCD-83586 1,080円(tax in)
1.Make me
2.Out ofmy life feat.K
3.DON’TBREAK US DOWN~UNPLUGGED SESSION~
4.Make me (Instrumental)
5.Out of my life feat.K (Instrumental)

【CD+スマプラミュージック】(mu-mo・イベント盤)
KEVIN_mumo
2016-07-06
AVC1-83587 1,080円(tax in)
ピクチャーレーベル仕様
1.Make me
2.Out of my life feat.K
3.Make me (Instrumental)
4.Out of my life feat.K (Instrumental)


KEVIN(from U-KISS) / Make me(Music Video short version)

【オフィシャルサイト】http://u-kiss.jp/
【Twitter】https://twitter.com/kevinwoo91

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. ©松竹ブロードキャスティング ―― ホームドラマチャンネルにて『黄金のポケット(原題)』が7月…
  2. 2016 年3月台北開催の『愛上哥們』ファンミ(邦題:アニキに恋して)は、40秒で全席完売の…
  3. 【いい音楽で一回、素晴らしいパフォーマンスで二回魅了させる】と言う意味を持つ、アジア発9人組…
  4. K-POP界において今最も注目を集め、今月リリースした日本メジャーデビューシングル「Fanf…
  5. Based on the original comic 『Itazurana Kiss』create…
  6. (左から)ジュンQ、コヌ、セヨン、チェジン、インス 7月でデビュー5周年を迎えるMYNAME。…
  7. 8月に日本で単独ファンミーティングを開催することが発表され、現在俳優として人気急上昇中のパク・ヒ…
  8. 日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTVをはじめ、様々な音楽エンタテインメント事業を展開す…
  9. 2017年5月に開催した2nd LIVE in JAPAN「HALOの不思議なレストラン」を…
  10. この度、8⽉5⽇(⼟)と6⽇(⽇)にZepp Tokyoにて韓国の8⼈組ガールズグループ”L…

◆九州まるまる情報

東日本大震災復興支援

Pray for JAPAN

ページ上部へ戻る