イ・ホンギ(from FTISLAND)本日12/9初のソロアルバム「AM302」発売!!
「ラジオみたいにいつでもどこでも聴けるものにしたい」
というアルバムへこめられた想いとは?

本日12月9日(水)にファースト・ソロ・アルバムをリリースしたイ・ホンギ(from FTISLAND)。
FTISLANDとして日本メジャーデビュー5年目、満を持してついに初のソロデビューとなるホンギのアルバム「AM302」は、FTISLANDのボーカリストとしてではなく、“アーティスト イ・ホンギ”だけの世界を100%堪能できる1枚となっている。
そんなホンギがアルバムに込めた想いを語った。

HONGGI_MAIN_AP_11923ss

 

――2016年、日本では『5…..GO』をリリースし、メジャーデビュー5周年のアニバーサリーに突入。
韓国でもアルバム『I WILL』をリリース。FTISLANDとしての活動が忙しかった中、なぜホンギさんのソロプロジェクトをすることに?

最初は事務所の提案だったんだけど、やるからには気合をいれて、“HONG’S TOWER”っていうレーベルとプロデュースチーム、そして、スタジオも新たに作りました。でもね、本当に大変だったんだよ!
FTISLANDの活動の合間に、毎日徹夜で制作したんです。スケジュールがとにかくキツかった!

――日韓でリリースされたソロアルバムですが、韓国では『FM302』、日本では『AM302』と、どちらもラジオがコンセプトになっているタイトルですよね。

僕ね、FTISLANDの音楽が、僕らが何気なく聴いてるラジオの音楽みたいに、世界中の人の耳に自然に届くといいなと思って、腕にラジオのタトゥーを入れたんですよ。それに、ラジオからはいつもいろんな人の物語と、いろんな音楽が流れてくるじゃないですか。僕のソロ・アルバムにも、いろんなジャンルの音楽が入っているし、ラジオみたいにいつでもどこでも聴けるものにしたいと思って、アルバムのコンセプトを“ラジオ”にしたんです。2ヶ国で出すから、FMとAMをタイトルに。数字の302は、僕の誕生日が3月2日だから。特に深い意味はありません。

――リード曲「モノローグ」は、とても切ない曲ですが、どんなこだわりが? 

この曲、FTISLANDでやろうと思ってた曲で、最初はもっとバンドっぽいサウンドだったんです。
FTのメンバーがスタジオに遊びに来た時にも、「この曲いいね!」って言ってくれました。
プライベートで日本に来て、日本でアレンジしたんです。こだわったのは、アナログっぽいシンセサウンド。
あ、別れをテーマにした曲だけど、実体験じゃありませんから(笑)。

――ソロ活動に対するプレッシャーはありましたか?

プレッシャーというより、責任感の方が大きかったかな。FTISLANDのフロントマンとして、外に出てひとりでやるわけでしょ?俺的には、「へ~、イ・ホンギってFTISLANDのメンバーなんだ。なかなかいいじゃん!
FTISLANDのライブも行ってみようかな」って言ってもらえるまでやらないと、って思ってる。
音楽的にはソロとして、FTISLANDとは違う音楽を作ったつもり。どう?全然違うでしょ?

――FTISLANDのメンバーたちの反応はいかがでしたか。

気に入ってくれた一方で、「FTでは、こういう曲はできないね」って。それくらいふり幅がある曲ができたって点でも、ソロをやって良かったと思う。今回いろんな曲を書いて、新しいサウンドにも挑戦したけど、次のFTISLA NDのアルバムに、このソロ・アルバムでの経験が活かせると思います。

――『LEE HONG GI 1st Solo Concert「Merry 302 MHz」』も開催されますが、どんなライブになりそう?

アルバムのコンセプトがラジオなので、ライブもラジオをコンセプトにしたいなとは思っています。ラジオみたいに、リスナーからのお便りを読むっていうのはどう? みなさんのお話を聞きながら、僕の歌をお届けするのもいいかな~。とにかく、ハッピーな雰囲気にしたいですね。

――収録曲に「Miss X-Mas」というクリスマスの曲もあるし、クリスマスにちなんだリリースイベントやソロ・ライブも行います。クリスマスの思い出は?

僕、素敵なクリスマスも、ロマンチックなクリスマスも、一度も経験したことないんですよ!いっつも仕事だし、彼女もいないし……。今年のクリスマスだって大阪のライブじゃん!

――今年は、ファンのみなさんと素敵なクリスマスを過ごせますね(笑)。最後にソロ・アーティスト、イ・ホンギとしての目標をお願いします。

イ・ホンギにしかできない歌をやりたい。「これがイ・ホンギだ!」っていう自分の色を作りたいです。


【リリース情報】

「AM302」(初回限定盤)
発売日:2015年12月09日
価格:¥4,000(本体)+税
規格番号:WPZL-31135/6

Shokai s-3

 

「AM302」(通常盤)
発売日:2015年12月09日
価格:¥2,500(本体)+税
規格番号:WPCL-12288

Tsujo s-2

 

「AM302」(Primadonna盤)
発売日:2015年12月09日
価格:¥5,000(本体)+税
規格番号:WPCL-12290

Primadonna s-2

 

【購入者応募特典】
“初回限定盤” 、“通常盤〈初回プレス〉” 、Primadonna盤に封入されているシリアルコード①②③のうち2形態を使用して下記いずれかのコースの特典にご応募頂けます。

(Aコース)抽選で計800名様を「サイン会」(東・阪)  にご招待。
*サイン会の日程と会場の詳細は後日発表となります。

(Bコース)抽選で「イ・ホンギ(from FTISLAND)ファーストソロコンサート」各公演100名様、計400名様を抽選で「ホンギと一緒にメリー・クリスマス!!乾杯会」にご招待。

*会場バックヤードにてホンギと一緒にメリー・クリスマス!!乾杯会に参加できます。
*ホンギと集合写真撮影!
*ホンギからクリスマスプレゼントのお渡し&お見送り!
*ツアー日程
2015.12.16(水) 17:30 OPEN 18:30 START 【神奈川】パシフィコ横浜国立大ホール
2015.12.17(木) 17:30 OPEN 18:30 START 【神奈川】パシフィコ横浜国立大ホール
2015.12.24(木) 17:30 OPEN 18:30 START 【大阪】グランキューブ大阪
2015.12.25(金) 17:30 OPEN 18:30 START 【大阪】グランキューブ大阪

<応募締切:2015年12月13日(日)23:59>
※Bコースのパシフィコ横浜国立大ホール(12/16&12/17)へのご応募は12月10日(木)23:59までとなります。

 

【ツアー情報】
「イ・ホンギ(from FTISLAND)ファーストソロコンサート」
【神奈川】パシフィコ横浜国立大ホール
2015.12.16(水) 17:30 OPEN 18:30 START
2015.12.17(木) 17:30 OPEN 18:30 START

【大阪】グランキューブ大阪
2015.12.24(木) 17:30 OPEN 18:30 START
2015.12.25(金) 17:30 OPEN 18:30 START

【席種・料金】
全席指定 9,000円(税込)
※未就学児童入場不可。小学生以上有料。※入場時の身分証・会員証の確認予定はございません。※ピクチャーチケットを予定しております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. モバイル製品の世界的リーディングブランドであるGalaxyは、業界最長クラスのバッテリーライフ、卓越…
  2. 記憶を失った美しき姫と彼女を愛した3人の貴公子が繰り広げるドラマティック・ラブ史劇「白華(はっか)の…
  3. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「M…
  4. 2012年に韓国で誕生したスキンケア専門ブランド「魔女工場」は、「良い成分は肌を裏切らない」のスロー…
  5. 7/6(月)に「Monster」でデビューしたアイリーンとスルギによる注目ユニット『Red Ve…
  6. この度の九州全域での豪雨に際し、被災されました皆さまには、心よりお見舞い申しあげます。 今回の災害…
  7. © 2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL …
  8. 北九州で約40年に渡り愛される資さん(すけさん)うどんを展開する、株式会社資さん(本社:福岡県北九州…

F.A.E.P.動画

2020/8/7公開!クォン・サンウ主演映画『鬼手(キシュ)』キャラクター映像解禁


2020/6 台湾バンドnoovyよりメッセージが到着!

ほか F.A.E.P.動画チャンネルはコチラ

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2020-1-6

    台湾バンド 宇宙人(CosmosPeople) in BARIYOKA ROCK 2019
    12月27日(金) Zepp Fukuoka F.A.E.P.レポート①

  2. 2019-5-8

    INJUN <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年4月8日(月)

  3. 2020-2-29

    K-TIGERS ZERO <LOVE FM & F.A.E.P.インタビュー> 2020年1月25日(土)①

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る