JOO-WON 2015 SWEET SMILE FANMEETING 11/22豊洲PIT レポート

jw_e1460_s

©JOOWON Japan Official Fanclub

韓国では出演するドラマがいずれも成功していることから“視聴率王子”の異名を持つチュウォンが、大阪、東京、名古屋にて来日公演を開催。大阪、東京公演は昼にファンミーティング、夜にライブ構成となっており、11月22日に豊洲PITにて行われたファンミーティング「JOO-WON 2015 SWEET SMILE FANMEETING」の取材に伺いました。

ネイビーのスーツ姿のチュウォンが「アンニョーン!ご飯食べました?」と元気いっぱいに挨拶しながら登場すると割れんばかりの大歓声が沸き起こりました。現在、韓国の年齢で29歳の彼は、数え年の韓国では1月で30歳を迎えます。そんな新たな節目を控え[僕の何でもBEST3]というコーナーからスタート。それぞれのテーマに沿ったファンによる事前投票の結果をランキング形式で発表し、大活躍だった20代を振り返ります。

jw_e0343_s

©JOOWON Japan Official Fanclub

まずは「相手役BEST3」。チュウォンの、3位キム・テヒ、2位AFTERSCHOOLのユイ、1位ムン・チェウォンではないかという予想に対し、3位は「のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ」で共演した シム・ウンギョンであることが発表されると「ごめん~!ウンギョンはかわいくて大切にしていた妹だったのですが、すみません…。」と当たらなかったことを申し訳なさそうに何度も謝り、会場が笑いに包まれました。2位のドラマ「7級公務員」で共演したチェ・ガンヒについては「演技の息が本当にぴったり合っていました。ガンヒお姉さんは人として共感し合え、年上ですが純粋な方です。共演後、個人的に他の撮影現場にも差し入れなどを持ってきてくれました。」と明かし、1位のユイについては「学校の先輩、後輩の間柄で卒業後も親しくしていたので、そんな間柄が作品にもよく表れていたと思います。」と撮影当時を回想しました。

「好きなスタイルBEST3」では大きめのニット、白シャツ、タキシード姿がランクイン。肌が露出されるファッションが苦手だそうで、白シャツでボタンとボタンの間から肌が見えてしまう時はテープで留めているのだとか。「サッカーを長くやっていたので、腰が細いわりに太ももが太いんです。なので、腰に合わせてしまうと太ももが合わなくて、太ももに合わせてしまうと腰が合わなくて…ズボンをはくのが難しい体型です(笑)その都度修正していただいています。」とファッションへのこだわりを熱く語りました。本人曰く「痩せてはいないのでスキニーは似合わない」とのことでしたが、最後は「でも、僕もスキニーははいています。知っていましたか?(笑)僕もはきたいんです!(笑)」と可愛らしく明かしました。

「涙のシーンBEST3」は名場面をスクリーンで見ながら、涙を流すファンの姿もあり、チュウォン自身も潤んだ瞳に。「製パン王キム・タック」での面会シーン、「グッド・ドクター」で自分を責めるシオンをユンソが慰めるシーン、「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」で祖母に泣いてすがるシーンが選ばれ、それぞれの共演者に感謝の言葉を口にしており、共演者との呼吸を大切にしている心持ちが、次々に視聴者の心を惹きつける作品を生み出す要素になっているのではないかと感じられました。
続いて、客席に降りてファンからの質問に直接答えるコーナー。客席に近づくとたくさんの手が挙がり、チュウォンの目線が動くたびに客席から黄色い歓声が起こり、会場は大興奮。

jw_e0665_s

©JOOWON Japan Official Fanclub

Q:日本の女性は好きですか?

「日本の女性はすごく優しくて温かい話し方で、礼儀正しいところも好きです。」

Q:ドラマ、映画、バラエティ、ミュージカルの中で一番好きな仕事は?

「ミュージカルが一番好きですね。ドラマや映画で皆さんに愛してもらいましたが、ミュージカルでステージに立つときに心臓が張り裂けそうな気持になるのが、すごくいいです!今すぐには難しいですが、コンサートもミュージカルもやっていきたいと思っているので皆さん観に来てください!」

Q:恋愛対象は、下はいくつまで、上はいくつまでですか?

「じっくり考えたことがないのですが、年上は僕の母よりは年下の方、年下は…うーん…せめて成人している方。」

母親の年齢は秘密ということでしたが「次の公演に母も連れてこようかと思います!」とチュウォン。身長155cmのお母さんのことを「すごくかわいいんです。クマの赤ちゃんみたい(笑)」とユーモアいっぱいに話しつつ「守ってあげないといけませんね。」と愛情の深さがうかがえました。
その後も抽選で選ばれた4名のファンが舞台に上がり“ファンの携帯でツーショット”、“手を繋いで客席を散歩”、“お姫様抱っこ”、“愛の歌をプレゼント”など夢のようなシチュエーションをプレゼントし、ファンとの交流を楽しみました。ツーショットを撮る際は、2枚目に変顔をして緊張した面持ちのファンを和ませていました。

jw_e1387_s©JOOWON Japan Official Fanclub

「大勢のファンの皆さんとお会いできて嬉しいです。そしてすごく楽しいです。来ていただいてありがとうございます。」と感謝を伝え「僕が大好きな曲です。」とドラマ「グッド・ドクター」のOST「僕がもしも」を、ファンの要望に応えて最初はシオンバージョンで、後半はチュウォンの優しく力強い歌声で歌い上げ、場内が感動に包まれました。最後は「ありがとうございます!」とはにかみながらステージを後にしました。

jw_e1503_s

©JOOWON Japan Official Fanclub

(文:近田 侑希)

 

◆ファンクラブ情報
JOOWON ジャパンオフィシャルファンクラブ http://www.joowon508.jp/

◆チュウォン主演最新作『ヨンパリ(原題)』 日本初放送決定!
KNTVにて11月27日(金)より放送開始。
毎週(金)22:05~24:35(2話連続)

◆11月22日に行なわれたファンミーティング&ライブイベントの模様をお届け!
「JOO-WON 2015 SWEET SMILE SPECIAL」
・KNTV
・12月20日(日) 20:45~22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 株式会社oricon ME(本社:東京都港区、代表取締役社長:小池恒)が運営する総合トレンドメディア…
  2. 国民的アイドルと呼ばれたg.o.dのメインボーカルのキム・テウが約2年ぶりに日本単独イベント…
  3. 韓国出身の4ピースロックバンド、CNBLUEのドラマー、カン・ミンヒョクが、6月16日に東京…
  4. 写真提供A・R・A 去年Mnet番組PRODUCE101シーズン2から誕生し韓国国内はもとよりアジ…
  5. 「がんばれ!クムスン」のカン・ジファンが、「モンスター」以来2年ぶりのドラマ出演で話題の最新作!…
  6. 7月26日までに本作を読んだ方対象にBIGBANGヴォーカリストV.Iのソロツアー『SEUNGRI …
  7. 株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、自社テレビ局KN…
  8. 楽天株式会社が運営する動画配信サービス「Rakuten TV」は、韓国映画『ミッドナイト・ランナー』…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る