若手実力派俳優ユ・アイン インタビュー!
韓国ドラマ「密会」ホームドラマチャンネルにて9月よりべーシック初放送!

MYS_7003-1

©松竹ブロードキャスティング

Q.ドラマ『密会』の紹介をお願いします。

A.このドラマはラブストーリーです。20歳の年齢差がある男女の愛の物語でもあり、世俗社会に染まった40代女性が20歳の青年を通して、人間として脱皮し、人間本来の姿に戻るという哲学的内容を含んでいるドラマでもあります。

Q.ユ・アインさんの役柄について教えて下さい。

A.とても非現実的かもしれませんが、天使のようにピュアで汚れのない、とても純粋な感受性を持っている人物です。だから、自分より20歳も年上の40代の女性に対しても愛を表現できるのだと思います。

Q.ピアノの練習もたくさんされましたか?

A.たくさんしましたね。でも僕が天才ピアニストと同じようにピアノを弾いて音楽を表現するのは簡単なことではありません。俳優が体で感情を表現し、人の心に感動を呼び起こす職業なら、音楽家は自分を通して音楽を表現することで人の心に感動を呼び起こす職業でしょう?だから僕はテクニックを駆使して正確に演奏するより、体で音楽を感じ、それを表情することに重点を置いて練習しました。ドラマの序盤にキム・ヒエさんとの連弾シーンがあるのですが、呼吸を合わせながら練習しました。

Q.実年齢よりも若い20歳のイ・ソンジェを演じるにあたり意識されたことは?

A.色々な部分に気をつかいましたよ。演技だけでなく、ヘアスタイルやファッションから、歩き方、顔の表情、体の動きまで…。彼はプロフェッショナルな人物のように洗練された話し方をしたり、逆に子供のように話したりもします。そんな様々な一面を自分自身の中から発見して、うまく表現しようとしました。とぼとぼ歩くときの歩き方や、ブルブルと震えながら話すときの話し方。声も鮮明にはっきりと発声することもあれば、震える声にしたり。そんな点を意識して表現しました。

Q.このドラマの原案は江國香織さんのベストセラー小説『東京タワー』です。

A.はい、随分前に映画を拝見しました。確かに原案が『東京タワー』ですが、内容はかなり変わっています。実はこの『密会』というドラマは随分前から企画されていた作品なんです。年月を経て何度も手が加えられているので原作とは明確に違う作品になっています。ストーリーが『東京タワー』に近い作品として企画された初期の段階からずっと関心を持っていたので、やはりどうしても『東京タワー』を思い出してしまいますね。

Q.キム・ヒエさんとは約20歳差がありましたが、共演されてみてどうでしたか?

A.キム・ヒエ先輩とは序盤部分を撮影するときは、ここではこう呼吸を合わせようか、こんなテンションでやろうか、こんなやりとりにしようか、などの相談をたくさんしましたが、2人の演じるフォームが決まってからは多くの相談はしなかったように思います。撮影以外では、冗談を言い合ったり、笑い話をたくさんしましたが、カメラが回りだした瞬間、一気に集中するスタイルでした。ヒエ先輩はリハーサルをきっちりとされる方ですね。ロングテイクでの撮影が多いので、リハーサルはかなり綿密にしました。ヒエ先輩とは本当に呼吸がピッタリでした。僕が大きなアクションをしなければならないときは、それに合わせてリアクションして下さったり、お互いに相手の演技を見てリアクションをするタイプでした。呼吸の強弱や感情のコントロールを本能的にするので、とても演じやすかったです。
とても濃厚なラブシーンがあると、普通はぎこちなかったりするものですが、そこはプロの世界ですので(笑)、お互い目を瞑ってやり遂げました。ぎこちなくて途方にくれるような瞬間がありそうに感じるかもしれませんが、まったくそんなことはなくNGを出すこともなかったですね。

Q.高視聴率を得た『密会』の大ヒットの要因は何だと思いますか?

A.愚直さだと思います。監督と作家さんのお二方とも愚直なスタイルなのですが(笑)、最初にこうだ!と掴んだこと、僕たちが伝えたかったことを徹底的に信じてやってきたことが高評価を得た理由だと思います。地上波の放送だと視聴率など興行的な面や、宣伝的な面でこういう姿勢で臨まなければならない、という強迫観念が実はかなりあるんです。でも本作はケーブル放送(総合編成チャンネル)での放送でしたので、あまりそういったことにとらわれずにできたのかもしれません。とにかくこのドラマの魅力は俳優や監督、作家さん、すべてのスタッフのプライドがあって生まれたのだと思います。

Q.『密会』が今までユ・アインさんが出演されたドラマと比べて違う部分があったとしたら?

A.非常に効率的でしたね(笑)。韓国ドラマは徹夜して撮影することが多いのですが、本作では一度も徹夜したことがなかったんですよ(笑)。それは、やはり監督さんが自信の頭の中で描いた絵に対して、何が必要なのか、確固たる自信と責任感を持っていらっしゃるから可能なのだと思います。とても驚くべきことですし、今後、僕が他のドラマに出られるか…(笑)、少し心配になります。このドラマはとてもロングテイクが多いので、ゆっくり進むように見えますが、ドラマ全体を見ると、テンションや緊張感が落ちることは全くないと思います。やはり監督のプロ意識や責任感が成せることだと思いますし、とても尊敬していますね。

Q.『密会』を楽しみにしている日本の視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。

A.とても楽しんでご覧いただけると思います。ドキドキする緊張感やトキメキもあり、またそれ以上に重みのあるメッセージのあるドラマです。韓国でも、不倫、20歳差のラブストーリーということで、衝撃的だという意見もありましたが、このドラマのスタイル自体が非常にスタイリッシュで今までの韓国ドラマとは明確に違うドラマです。僕が自信を持ってオススメできる作品です。ご期待下さい!
(インタビュー素材提供:松竹ブロードキャスティング)


ドラマ専門チャンネル
「ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ」
9月スタート作品

ベーシック初
密会(全16話)
[ノーカット版][日本語字幕版][HD]
放送日:9/28(月)スタート!
毎週(月)後2:00~3:15 他
密会©JTBC co.,Ltd all rights reserved. 原案 東京タワー © Kaori Ekuni
若手実力派俳優ユ・アイン× 韓国TOP 女優キム・ヒエ共演。
江國香織のベストセラー小説『東京タワー』原案のラブストーリー!

合わせて放送!

ユ・アインのLaunch My Life in London(全2回)
[ベーシック初放送][未DVD化][日本語字幕版]
9/24(木)後0:15~1:45 他

ユ・アインのLaunch my life©CJ E&M Corporation, all rights reserved
キュートな笑顔が印象的なユ・アインの真の姿が見られるリアリティ番組

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
詳しくはHPへ:http://www.homedrama-ch.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ」とは。。。?
韓国ドラマ、時代劇、国内ドラマの初放送や人気作品を毎日放送。
さらに、話題のK-POPや人気のバラエティ番組も日本初放送で
ゾクゾク登場!ご家族みんなで楽しめるドラマ専門チャンネルです。

こちらで視聴可能↓
【スカパー!】Ch.294
【スカパー!プレミアムサービスHD】Ch.661
【スカパー!プレミアムサービス光】Ch.661
【J:COM】555ch
【ひかりTV】Ch.420、Ch.460(HD)
【CATV】全国174局 ※2015年1月末現在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. K-POPアーティストのミュージックビデオに込められた"こだわり"や"想い"を徹底的に紹介するMUS…
  2. 韓国グループU-KISSのリーダー・スヒョンが、兵役期間を終えてから初めての来日イベントを13日、東…
  3. © F.A.E.P. 10月20日からスタートしたNiiisan'sのライブハウスツアー。東京・宮…
  4. © F.A.E.P. ♪『Wild Flower』 1stアルバム「1%」に収録されているN…
  5. © F.A.E.P. ♪『そっけない』(RADWIMPS カヴァー) サンウのピアノ曲、2部…
  6. © F.A.E.P. ツアーファイナルの福岡。1部が終わりまだ余熱の冷めないままハイタッチでファン…
  7. © F.A.E.P. F:じゃぁ次は<記憶力> ソル:記憶力はルイ! ルイ:ルイかなぁ~。 …
  8. © F.A.E.P. F:最後は<コミュニケーション能力>です。これも全員って回答がすごく多かった…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2018-12-22

    「新韓流フェスティバル in Fukuoka」~韓流・テーマ観光コンテンツが大集合~
    2018.12.4(火)福岡国際センター F.A.E.P.レポート③

  2. 2019-5-25

    OH MY GIRL<F.A.E.P.単独インタビュー>2019年5月7日(火)➀

  3. 2018-11-16

    「DAY6 2nd LIVE TOUR in JAPAN “UNLOCK”」2018/10/28(日)福岡DRUM Be-1
    F.A.E.P.レポート①

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る